薄毛治療

AGA治療@失敗しない病院の選び方

「最近、頭皮がスカスカに透けるようになった・・・」

 

「髪の毛が細くなりボリュームがなくなった・・・」

 

「病院で治るって聞いたけど、どの病院へ行けばいいの?」

 

ということでお悩みのあなたは、病院でAGA治療を受けるにあたって、こんなことを不安に感じたり疑問に思っていませんか?

  • AGA治療の費用って、どのくらいするのだろう?
  • 治療費って保険が効くの?
  • AGAの治療方法って、どの病院も同じなの?
  • AGA治療を受ければ本当に髪の毛は増えるの?
  • 地元で信頼の出来るAGA治療の病院ってどこ?

 

など、このようなAGA治療に関する不安や疑問点などあるのでしたら、当サイトはきっとあなたのお役に立てるかと思います。

 

当サイトでは、47都道府県ごとに評判の高い信頼のできる病院を厳選して紹介しています。きっとアナタがお住まいの地域にも信頼の出来る病院があります。

 

手っ取り早くお薦めの病院を知りたい方は、コチラに紹介しています。

 

>>AGA治療の病院@おすすめランキング

 

 

また、治療を受けるまでに知っておきたい

 

治療費はいくらぐらいかかるのか?
治療費は保険は効くのか?
医療費は確定申告で医療費控除の対象なの?
血液検査や遺伝子検査は受けた方が良いの?

 

も解説しています。治療を受ける前にチェックして下さいね。

全国の薄毛治療のクリニックはこちら

薄毛治療の費用@プロペシアから最新薄毛治療まで

クリニックでの薄毛治療には、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?
薄毛治療は自由診療なので保険が効きません。
そのため病院によっても費用が違うことは上記でも説明しましたがカウンセリングを受ける前におおよその目安を持っておきたいですね。

 

内服薬や外用薬による薄毛治療には、プロペシアやザガーロにジェネリック医薬品のフィナステリドがあります。また女性用の処方薬としてパントガールにパントスチンがあります。価格は5,000〜12,000円が目安です。

 

これらは皮膚科でも処方してもらるクリニックがありますが、費用は薄毛の専門クリニックよりも高いですね。

クリニックが独自に開発しているオリジナル処方薬は発毛実感率が99%以上というものが多、く費用は15,000〜35,000円ぐらいが相場です。プロペシアとミノキシジルを主成分として亜鉛やビタミン類を配合して発毛効果を高めています。

注射器などで有効成分を注入する治療に育毛メソセラピーやハーグ療法があります。高い発毛効果と短期間での改善が期待できるので人気が高いです。

 

施術は1回だけなく6回〜10回は必要となります。3〜4回の施術で髪の毛が生えたことが実感できる方が多いようですよ。1回80,000円〜100,000円ですので数十万円が必要ですね。決して安くはないので、じっくりと考えましょう

自毛植毛は、一度植毛すれば抜けることはないので検討する価値のある治療と言えるでしょう。しかし、料金が高額になるので、しっかりと吟味しましょうね。

 

植毛手術には「切る植毛」と「切らない植毛」があります。「切らない植毛」は髪の毛の毛包ごとにくり抜くので傷跡がほとんとありません。(点が残るだけです)「切る植毛」も一定の期間が過ぎれば傷も目立たなくなります。

 

>>薄毛治療の費用はこちらで徹底解説⇒クリニック

薄毛治療は保険が効くの?<皮膚科と専門クリニックの違い>

AGA・薄毛治療には。皮膚科でプロペシアなどの内服薬を処方してもらう方法や、薄毛治療の専門病院でプロペシアやザガーロの処方、オリジナル治療薬や育毛メソセラピーにHARG療法、そして自毛植毛などがあります。

 

皮膚科での治療も、頭髪治療の専門病院での治療でも健康保険が効かない自由診療になります。

 

皮膚科では、イボ治療やアトピー性皮膚炎は一般診療になるので保険が効きます。1割〜3割負担なので割安価格で治療できますが、同じ皮膚科でもプロペシアは自由診療となり10割負担です。さらに病院によって料金も違います。

 

病院が独自に料金設定ができる自由診療は、病院ごとに価格差が生じてきます。

 

ただし、円形脱毛症はストレスからくる脱毛症にあたるので保険の効く一般診療となることが多いようです。

 

>>詳細は「薄毛治療の保険は摘要される?」のページへ

薄毛治療は医療費控除できるの?

確定申告で1年間に使った医療費が家族単位で10万円を超えた医療費を控除できます。

 

例えば家族が1年間に支払った医療費が

  • 父親の手術入院費用:300,000円(食費、ベッド代は含まず)
  • 通院に使ったタクシー代:35,000円(レシートや領収書が必要)
  • 母親が薬局で買った薬:25,000円(レシートの保存が必要)

 

合計が360,000円の医療費を払ったことになります。ここから100,000円を引いた260,000円が所得から控除できるので所得税が安くなります。

 

300,000+35,000+25,000=360,000円
360,000ー100,000=260,000円

 

所得税が安くなると市県民税や健康保険料なども変わってくるので侮れません。また、お子様が保育園に通っていいる場合には、所得によって保育料が決まるので、病院の領収書やレシートなどは、ちゃんと保存しておきましょうね。

 

>>薄毛治療は医療費控除が出来るのか?

薄毛治療@血液検査と遺伝子検査って何のため?

薄毛治療の専門病院では治療の前に血液検査をするところが多いです。これは処方薬もプロペシアやザガーロなど副作用の可能性がどの程度あるのかを調べるためです。

 

血液検査は、治療をする前と治療開始ご6ヶ月程度経ってからの2度行うクリニックもあります。実際に服用を始めてからの影響を確認するためです。

一方、遺伝子検査はプロペシアやザガーロなど5αリダクターゼ還元酵素の働きを抑えることができるのかを調べることができます。

 

テステステロンが5αリダクターゼに影響を受けやすい体質かを調べます。つまりテステステロンの還元酵素に対する感受性の検査です。

 

一言で説明すると、服用する前に「効くかどうか?」を知ることができるんですね。20,000円前後の費用はかかりますが、予算に余裕があれば受けておきたい検査です。

 

>>血液検査と遺伝子検査って何のため?

あなたの街の評判の高い薄毛治療の病院

当サイトでは、47都道府県ごとに評判の高い薄毛治療の病院を紹介していますが、「手っ取り早く知りたい!」という方のために総合ランキングという形式でお薦めの病院を紹介しています。

 

1位のクリニックから優先してカウンセリング(無料です)を予約すれば後悔や失敗することもありません。

 

そして、あなたの薄毛の状態を専門医に診断をしてもらい、正しい治療を受けてみましょう。半年から1年の治療を受けた後には、「大量の抜け」や「透けてきた頭皮」に悩んでいたのが嘘のような未来が待っています。

 

「もっと早く相談して入れば良かった!」と後悔することはあるかもしれませんね(笑)

 

↓↓↓クリックして人気No1のAGAクリニックを見る↓↓↓