薄毛治療

薄毛治療の病院をランキングで紹介!

当サイトでは、薄毛治療の病院を厳選して紹介しています。そして、あなたのお住まいの地域でオススメの病院を分かりやすいように、47都道府県ごとに評判が高く信頼のできる実績の多い病院を厳選して紹介しています。病院といっても「どこの病院へ行けばいいの?」と悩んでいる方は、参考にしてくださいね。

 

「薄毛は治らない!」 「一度ハゲたら、髪が生えてくることはない!」と言われてきましたが、今や薄毛やハゲは病院で治療する時代ですからね!(テレビCMで聞いたことがある言葉ですね・・・汗)

 

薄毛に悩んでいるなら手遅れになる前に、無料カウンセリングだけでも受けることをオススメします。

 

また、このページの下段では>薄毛治療の病院ランキングを紹介しているので参考にして下さい。

>>すぐに総合ランキングを見る

 

 

無料カウンセリングで聞いておくべきこと

気になる病院があればカウンセリングだけでも受けることをオススメします。

 

というのも薄毛は何もしないと進行してしまいます。「気が付いたらハゲていた・・・」なんてことにならないようにしてくださいね。そこでカウンセリングで確認しておくべき3つのポイントを紹介します。

  • 薄毛の治療費はいくらかかるの?
  • 薄毛が回復するまでの期間の目安は?
  • 私(あなた)の薄毛は、どの程度まで改善するの?

この3つのポイントだけでも確認しておけば、治療を受けるかを判断しやすくなります>よね。

 

「治療費が〇〇円で、このぐらいまで回復するのかぁ。そのためには何カ月の必要なんだな!じゃあ、治療するか!」なんてね。

全国の薄毛治療の病院はこちら

◆北海道・東北地方
北海道青森秋田山形岩手宮城福島

 

◆関東地方
茨城群馬千葉神奈川東京埼玉栃木

 

◆中部・北陸地方
新潟富山石川福井長野山梨静岡岐阜愛知

 

◆関西地方
滋賀兵庫三重和歌山京都大阪奈良

 

◆中国地方
鳥取岡山山口広島島根

 

◆四国地方
香川愛媛高知徳島

 

◆九州・沖縄
福岡長崎熊本鹿児島宮崎大分佐賀沖縄

薄毛治療の費用と効果について

当サイトでは、病院での薄毛治療をオススメしていますが、実際には育毛剤から自毛植毛までいろいろな治療法があります。

 

そこで、薄毛の「治療方法」「費用」「効果」を表にしたので参考にして下さい。

 

治療方法

治療内容

費用

治療の効果

 

育毛剤
(通販・自宅で治療)

頭皮環境を整えることで、毛髪が成長しやすくする。
抜け毛予防が目的で発毛効果はない。

安い

 

5,000円〜

発毛効果はない。

 

抜け毛予防と頭皮環境を整える

 

内服薬
「フィナステリド」
(病院で処方)

AGAの主原因と言われるジヒドロテステステロンを生成する物質の5αリダクターゼU型を阻害する。

 

 

5〜7,000円

薄毛の進行を止める。

 

結果的に髪が太く、長く成長する

 

外用薬
「ミノキシジル」
(病院で処方)

抹消血管を拡張して、髪の栄養分を効果的に運び、発毛を促す。

 

7〜8,000円

発毛効果あり。
髪の成長を促す。

 

オリジナル治療薬
(病院で処方

フィナステリドとミノキシジルの併用に加え、亜鉛やビタミン類を病院独自に調合して、発毛効果を高める。発毛実感率は99%以上。

 

14,000〜35,000円

 

病院によっ違います。

 

発毛効果が高い。
発毛実感率が99%以上病院が多い。

 

育毛メソセラピー
(病院で治療)

注射器などを使用して、タンパク質に含まれる成分を毛根に抽入することで毛母細胞を活性化する。

 

60,000〜80,000円

発毛効果がとても高い。

 

副作用の危険性も引くく、発毛できる。

 

HARG慮法
(病院で治療)

HARGカクテルという幹細胞から抽出した発毛因子を毛根に注入して発毛させる治療。 10〜15万円

発毛効果がとても高い。

 

副作用もなく、毛母細胞をダイレクトに刺激する。

 

自毛植毛

 

植毛の専門病院

自分の後頭部から毛髪を毛包ごと採取して、薄い部分へ移植する。定着率が90%以上あり、メンテナンスがいらない。

高額
50~300万円

発毛する。
採取した髪の90%以上が定着する。
高額だが確実に髪が増える。

 

 

 

表からも分かる通り、

  • 育毛剤には薄毛を改善させる効果はありませんし、
  • 自毛植毛は費用が数百万と高額になってしまいます。

 

薄毛治療の専門病院では、フィナステリドからHARG療法まで選択できる治療方法がいろいろとあるので、あなたの「求める効果」と「予算」とにあった治療を選ぶことができます。また、薄毛の進行を抑制するだけでなく、発毛治療にも対応しているので、「費用対効果」と「選択できる治療の種類」を考えても薄毛は専門病院で治療することがオススメです。

 

 

薄毛治療は、「治療方法の豊富さ」や「費用対効果」などから専門病院が一番であることは分かったと思いますが、どの病院で無料カウンセリングを受ければよいのか迷ってしまうかもしれませんね。

 

そこで、次にオススメ順にランキングをしているので参考にしてくださいどの病院で薄毛を治療しようか迷ったら1番目に紹介した病院で相談してくださいね。きっとあなたの薄毛も改善できるでしょう。

 

失敗しない<薄毛治療の病院>の選び方【3つのポイント】

治療薬の費用がリーズナブル
薄毛・AGA(男性型脱毛症)の治療薬は自由診療のため費用が高くなりがちです。また、同じ処方薬のプロペシアでも病院によって費用が違います。薄毛の治療期間というは、1年程度必要とされています。もちろん、中には4〜6ヶ月で充分な効果の出る方もいます。

また、髪の毛を「増やしたい!」とか「生やしたい!」という発毛治療においては、オリジナル治療薬など病院が独自に開発した薬を使用することになります。

その場合、病院によって費用は違いバラバラです。また費用だけでなく、オリジナル治療薬の発毛実績(ハゲ・薄毛の改善率)も考慮することが大切です。効果と共にに治療費は無視の出来ない要素の一つです。
実績が多いか?評判は高いか?
AGA・薄毛の症状は患者さん一人ひとり違うものです。治療薬の配合も薄毛の進行具合によって調合割合を調節する病院もあるほどです。「どんな薄毛の症状でも同じ治療薬を処方する病院」と「薄毛の症状によって治療薬の調合する割合を変える病院」と、どちらの病院を選びますか?

髪の毛を生やすという発毛を目的としたリジナル治療薬ほど実績を重視しなくていけません。

というのも、新規オープンの病院では、薄毛の治療実績がないので治験データを集めている段階です。実験台にはなりたくないですよね。ちゃんと自分の効く治療薬を処方して欲しいですね。そのためには数ある症例から、あなたの薄毛の症状に合う治療薬を選択しなくてはいけませんね。実績N01の病院なら安心です。
相談・カウンセリングは無料か?
「治療を受けるか決めていないけど、話しだけでも聞いてみたい、診察だけでも受けてみたい」という方もいるかと思います。本当に「僕の薄毛が治るのか?」「透けた頭皮が元通りになるのか?」「薄毛が改善するなら、どの程度回復するのか?」なんて一番気になるところではないでしょうか?

また、薄毛が治るのであれば「費用はどのくらい必要なのか?」また、「治療には、どのくらいに期間かかるのか?」これも重要なポイントですね。

そして、複数の病院で話しを聞いて「費用」「効果」「治療方法」などを比較したいですよね?病院によって「費用」も「治療薬」も違いますからね。ここはしっかりと比較して、一番安くて効果の高い病院で薄毛を治療したいですからね。となれば、カウンセリングは無料が嬉しいです。気になるの病院を比較がしやすなります。

あなたにピッタリの薄毛治療の病院ランキング

 

ヘアメディカル 迷ったらココ!

18年の実績と費用の安さでは一番です!

  • 600パターンのオリジナル処方薬。あなたに最適な治療薬が見つかります
  • 大学と提携して治療薬の開発を研究しています
  • 「ローンを組ませない!」をモットーに明朗会計で安心です。
  • 18年間で150万人の治療実績は業界最多です。
  • 男女で待合室が別なので女性にも優しいクリニック
  • 駅前の立地でアクセスがよく通院に便利です。
  • 人目につかない場所にあり、入るところを見られません

発毛実績No1で明朗会計です。まずは無料カウンセリングですね。

ヘアメディカルの総合評価

東京(2院)・名古屋・大阪・福岡と全国に5院しかありませんが、日本で初めてできた頭髪治療の専門病院です。月間2400人の来院者数と、18年の実績は他院の圧倒しています。

 

「抜け毛治療」と「発毛治療(アドバンスト発毛治療)」と2つの治療プランがあり、あなたの目的に合った治療を選択できます。

 

 

 

 

 

 

 

AGAスキンクリニック

 

  • 発毛実感率99.4%の治療薬「Rebirth(リバース)」が人気です。
  • 4種類の発毛因子を注入する「AGAメソセラピー」で相乗効果
  • 全国に提携クリニックが40院以上あるので転勤でも大丈夫
  • 駅前の立地は通院に便利です。

まずはオリジナル発毛薬リバースで「髪が生えた!」を実感しよう!

AGAスキンクリニックの総合評価

オリジナル処方薬Rebirthと育毛メソセラピー(Dr’sメソ治療)との併用で短期間で発毛を実感!

 

 

 

 

 

聖心毛髪再生外来

 

  • 濃度が通常の70倍のグロースファクターを注入
  • 幹細胞注入による再生療法
  • 最新ロボットによる自毛植毛にも対応しています
  • 女性の発毛治療にも力を入れています
  • 明朗会計で安心です

グロースファクター再生療法は濃度70倍の成長因子を使用するので効果が高い。

聖心毛髪再生外来の総合評価

内服薬処方から自毛植毛までトータルに薄毛治療に対応しているクリニックです。
自毛植毛は国内に数台しかない最新の植毛ロボットARTAS(アルタス)を導入しています。
細胞で毛髪再生! 女性の薄毛治療にも熱心です!

 

 

 

 

 

 

 

銀座クリニック

 

  • 育毛メソセラピーが20,000円以下と業界最安値です。
  • 発毛成長因子も含まれているので発毛効果も高いんです。
  • 遺伝子検査の5000円は最安値です。
  • カウンセリングは医師が行うので充実した説明を聞けます。 
銀座クリニック

育毛メセラピーの最安値ならココ!
東京にしかありませんが、東京近郊にお住まいならココは検討の価値あり!です。東京に住んでいてラッキー!ですよ。
発毛成長因子を注入する育毛メソセラピーが20,000円以下は凄いとしか言えません!

 

 

 

 

 

 

 

TOMクリニック

 

  • 「全額返金制度」は業界初!で信頼度抜群です。
  • 「TOMオリジナル濃縮増毛実感コース」は6ヶ月で実感できると好評です
  • 植毛ロボットARTAS(アルタス)で安全に高い技術力で植毛出来ます

自毛植毛の話しも聞いてみたい方にオススメです。

銀座クリニックの総合評価

内服薬治療から自毛植毛までをトータルに相談したい方には、特にオススメです。自毛植毛では、植毛最新ロボットATAS(アルタス)を導入しています。

 

 

最新の薄毛治療@内服薬から自毛植毛まで

内服薬・外用薬による薄毛治療

AGA(男性型脱毛症)の治療に処方される薬にフィナステリド内服薬、デュタステリド内服薬、ミノキシジル外用薬、ミノキシジルタブレット内服薬があります。

 

これらは、どのような効果があるのでしょうか?

 

フィナステリド内服薬


フィナステリド内服薬は、AGA(男性型脱毛)の原因であるジヒドロテステステロン(DHT)を作る5αリダクターゼ還元酵素の働きを抑制する効果があります。これによりDHTが作られなくなり、抜け毛が止まり、薄毛の進行を食い止めます。

 

薄毛の初期症状である「抜け毛」程度であればフィナステリド内服薬の単体治療でも十分な効果をえることができます。

デュタステリド内服薬


デュタステリド内服薬も5αリダクターゼ還元酵素の働きを抑える処方薬ですが、実は5αリダクターゼ還元酵素には「T型」と「U型」の2種類が存在します。

 

フィナステリド内服薬は「U型」に効果はあるんですが、「T型」には効果がないと言われています。T型の5αリダクターゼ還元酵素は、生え際に多く存在すると言われており、生え際の後退やM字ハゲの治療にはフィナステリド内服薬は効果がないとされています。

 

一方で、デュタステリド内服薬は、「T型」と「U型」の還元酵素のどちらにも効果があるとされているので、生え際の後退にはデュタステリド内服薬を使用する必要があります。

 

ただ価格がフィナステリド内服薬よりも高いので、まずフィナステリド内服薬から使い始めるのが得策です。

ミノキシジル外用薬


ミノキシジルには血管拡張作用があり、血流を増やすことで発毛作用を高めます。外用薬で有名なのは「リアップ」です。ミノキシジルは濃度が高いほど効果があるとされていますが、リアップのミノキシジル濃度は5%と言われています。

 

薄毛の専門病院で処方されるミノキシジル外用薬の濃度は7〜10%程度なので、リアップよりも発毛効果が高いと言えます。リアップで効果が出なかった方も諦めないでくださいね。

ミノキシジルタブレット内服薬


ミノキシジルタブレットは通称「ミノタブ」と呼ばれ、ミノキシジル外用薬よりも濃度が高く、内臓で代謝するので外用薬よりも効果が高いのが特徴です。しかし、副作用の可能性があるいので、医師の指導の下で使用するようにしましょう。

パントガール


パントガールはフィナステリド錠剤を使かうことのできない女性のための薄毛治療薬です。びまん性脱毛症や産後脱毛症に治療に用いられる処方薬で、抜け毛を抑え発毛を促す安全性の高い内服薬です。

 

抜け毛抑制効果もあるのですが、毛乳頭へ栄養補給をし頭皮を活性化し発毛を促す作用があります。発毛が実感できる目安として3〜6カ月は必要とされています。かなり早く効果が出るようですね。

パントスチン


パントスチンは外用薬として使用される抜け毛抑制作用のある薬剤です。主に女性に処方される治療薬ですが、他の治療薬で副作用のでた男性に処方されることがあります。

 

5αリダクターゼ還元酵素の働きを阻害し、ジヒドロテステステロンの生成を抑制する作用があります。

内服薬と外用薬による治療をおすすめする人

発毛までに多少の時間がかかっても費用を抑えたい方にオススメします。抜け毛と止めるだけならばフィナステリド内服薬など単体治療で十分ですが、発毛を求めるならミノキシジル外用薬やミノタブなどを併用する必要があります。

 

また、更に効果を高めたいなら、病院独自で開発したオリジナル治療薬を使用することをオススメします。フィナステリド内服薬やミノキシジル外用薬などの基本治療薬にビタミン類や亜鉛などのサプリメントを調合した治療薬を使用することで高い発毛実感率を誇ります。

 

単体治療なのか、併用治療を行うのが、オリジナル治療薬を使った方が良いのかは、医師の判断によるので、実績が多く、信頼のある病院を選ぶことが大切です。

 

オリジナル治療薬で薄毛を改善!

薄毛治療を行っている病院はたくさんありますが、病院が独自に開発している治療薬をオリジナル治療薬といいます。

 

オリジナル治療薬は、フィナステリド内服薬とミノキシジル外用薬にミノキシジルタブレット内服薬をメインに、亜鉛やビタミン類、ヒアルロン酸などを併用して発毛効果を高めています。

 

その発毛実感率は、治療開始後4〜6か月で90%以上と、ほとんどの患者さんが発毛を実感しています。費用も14,000〜35,000円で設定されていることが多く、育毛剤よりも高いですが発毛実感率の高さからもオススメの治療法です。

 

オリジナル治療約による薄毛治療をおすすめする人

育毛剤では効果のでなかった人にはオススメです。また育毛メソセラピーやHRAG療法よりも費用は安く設定されています。ただ治療期間は育毛メソセラピーやHARG療法の方が早いですが、発毛実感率が99%以上と高いので、短期間で発毛させたいという方以外はオススメです。

 

 

 

育毛メソセラピーによる治療

メソセラピーとは皮下組織に薬剤を注入する施術のことを言います。一般的に美容外科で使われる施術で、シワの部分にヒアルロン酸を注入してシワを消したり、脂肪溶解作用のある薬剤を皮下に注入することで痩身作用を促進する治療が行われています。

 

美容業界で行われていた施術を薄毛治療に応用したのが育毛メソセラピーです。

 

施術方法としては、薄毛が気になる部分の頭皮に、血管拡張成分やアミノ酸、ビタミン類などの有効成分を配合した治療薬を直接注入して発毛を促進する治療です。この治療薬のことを発毛カクテルと呼びます。

 

発毛カクテルに含まれる有効成分の種類や容量は病院によって違います。気になる病院がどのような成分を使用していることをチェックするのも大切ですが、症例数や発毛実感率を基準に病院を選ぶのがオススメです。

 

どの成分がどれだけ効果があるのかは、なかなか判断できませんよね?実績を目安にすると選びやすいと思いますよ。

 

育毛メソセラピーのメリット

最大のメリットは、発毛するまでの期間が早いということです。患者さんの多くが、3〜4ヶ月で発毛を実感しています。また発毛するだけでなく、髪の毛が太く、コシのある髪に育つことも特徴の一つです。

 

プロペシアやミノキシジルによる内服薬と外用薬での治療が1年以上の期間を要するのと比較すると、かなり短期間で効果を感じることができます。

 

また育毛メソセラピーには副作用の危険性がとても低いのが特徴です。治療薬を頭皮に直接注入するので、身体への影響はありません。

 

プロペシアなどの内服薬は、内蔵で代謝されるので身体に悪影響を及ぼすことが否定できません。

 

また事前に血液検査をすることでアレルギーの心配も必要ありません。中には、頭皮が赤くなる人がいますが、時間とともに消えていくので心配ありません。

育毛メソセラピーのデメリット

一番のデメリットは費用の高さではないでしょうか。育毛メソセラピーは1回の施術で治療が終わるわけではありません。

 

1ヶ月に1回の施術を6回続けるのを1クールとしている病院が多いです。1クールで6ヶ月の治療期間がかかります。中には、1クール8回や1クール10回という病院もあるので事前に確認しましょうね。

 

また1回の費用は80,000〜100,000円という病院が多いですが、これも病院によって違いますので、事前の確認が必要です。

 

もう一つのデメリットは「痛み」を感じる人もいるということです。育毛メソセラピーには注射を使用する「パピュール法」での施術が一般的です。麻酔を使用しますが、中には痛みを感じる方もいるようです。

 

病院によっては針を使わない「ノンニードル法」を採用している病院もあります。痛みを感じない程度の微弱電流を流して、毛穴を開き治療薬を注入する治療法です。

育毛メソセラピーがおすすめは人

病院に通院する目的が、髪の毛を生やすことにある方にオススメの治療方法です。薄毛予防が目的なら必要ありません。

 

またプロペシアやミノキシジルなどの内服薬と外用薬での治療でも効果の出なかった方にもオススメします。

 

髪は増やしたいけど自毛植毛はしたくないという方も検討する価値のある発毛方法です。

 

費用はかかりますが(自毛植毛よりも安いです)、高い発毛効果があり副作用もありません。

 

発毛を目的とした治療を希望しているなら、是非検討して頂きたい治療方法です。どの病院も相談は無料で行っています。

 

 

HARG(ハーグ)療法による治療

HARG(ハーグ)療法とは、Hair Re-generative Therapy(毛髪再生療法)の略です。

 

HARG(ハーグ)療法も育毛メソセラピーと同じように、薄毛の治療薬を頭皮にダイレクトに注入して薄毛を改善しようという治療です。

 

育毛メソセラピーとの違いは、注入する治療薬にあります。HRAG療法では、脂肪由来幹細胞から抽出した成長因子を含むタンパク質を主原料した治療薬(AAPE)を使用します。育毛メソセラピーに使用する薬剤には成長因子は含まれていませんでした。

 

ちなみに幹細胞とは、それ自身で増殖できる細胞のことで、再生能力の高い細胞なので、頭皮下に注入することで休んでいた毛母細胞を活性化し、髪を成長させます。

 

ただ、最近では育毛メソセラピーにも幹細胞から抽出した成長因子を使用した薬剤を使用する病院が増えてきました。それでもHARG(ハーグ)療法とは名乗っていません。実は、HARG(ハーグ)療法は、日本医療毛髪再生研究会の認可を受けた病院でのみ受けることができます。

 

HARG(ハーグ)療法には使われる薬剤には、指定されたHARG(ハーグ)カクテルを使用しなくてはなりませんが、育毛メソセラピーは、各病院が独自の判断で使用する薬剤の種類や容量を決めています。

 

薬剤の注入方法には、注射を使うパピュール法と、針を使わないノンニードル法があります。

 

現在では、HARG(ハーグ)療法と育毛メソセラピーの効果には、大きな差はないと言われているので、信頼できる病院を選ぶことの方が重要です。

HARG(ハーグ)療法のメリット

それ自身で増殖能力を持つ幹細胞から抽出した成長因子を使用するので、高い発毛効果が得られます。今ある髪の毛の成長力が増すだけでなく、休止期にある毛母細胞を刺激して細胞分裂を促します。

 

薄毛は、もともとヘアサイクルの成長期が短くなり、休止期が長くなることで起こります。成長因子を頭皮に注入することで成長期が長くなり、休止期が短くなります。髪が成長する方向にベクトルが進みます。

 

このことにより、髪の生えていなかった箇所からも発毛を期待することができます。発毛が難しいと言われている「生え際の後退」や「M字ハゲ」の症状にも効果的です。毛包が残っていれば発毛の可能性は高いです。

 

(毛包とは毛根を包み込んでいる袋のことで、毛根が残っていれば大抵は残っています。)

 

薄毛の原因や症状(タイプ)によって効果が左右されないのがメリットですね。
もちろん、女性特有の「びまん性脱毛症」にも効果的な治療です。

 

また育毛メソセラピーと同様に副作用のないのがメリットです。安心して受けることのできる薄毛治療の一つです。

HARG(ハーグ)療法のデメリット

術後に痛みを感じることがあります。注射を使用しているので仕方のないことですが、通常の注射よりも細い針を使用します。

 

パピュール法で使われる針の太さは、平均0.26mmと普通の注射針よりもかなり細くなっています。また冷却麻酔をするので、ほとんど痛みを感じることはありませんが、稀に痛みを感じる人もいます。

 

痛みが心配な人は、ノンニードル法を採用している病院がおすすめです。

 

また、育毛メソセラピーと同様に費用が高いことがデメリットです。それも育毛メソセラピーよりも高い傾向にあります。1回の施術で100,000円以上することが多いです。

 

これは、日本医療毛髪再生研究会が指定したHARGカクテルを使用することで認可を得ているので、効果が高い反面、費用が高くなってしまいます。

 

日本医療毛髪再生研究会が認可していない成長因子(グロースファクター)を使用して、安価で提供している病院がありますが、HARG(ハーグ)療法とは別物なので注意してい下さいね、。

HARG療法がおすすめな人

育毛メソセラピーが病院独自の発毛カクテルを使用しているのに対して、HARG(ハーグ)療法は日本医療毛髪再生研究会が認定しているHARG(ハーグ)カクテルを使用するので、発毛効果に信頼がおけます。

 

育毛メソセラピーより費用が高くても日本医療毛髪再生研究会の認定カクテルを使用して欲しい方におすすめです。ただし、日本医療毛髪再生研究会は政府機関でもない任意の研究団体の約170施設が会員となり2008年1月に設立された研究会です。

 

この団体の中心となっているのは、HARG療法を開発した「HARG治療センター」です。

HARG治療センターとは?

HARG治療センターはHARG療法を開発した福岡 大太朗(ふくおかひろたろう)医師が院長を務める薄毛治療の専門病院です。

 

HARG療法の症例数が最も多いクリニックです。費用も高く6回コースで90万円します。

 

最近では、HARG療法の進化版として「HARGENON(ハーゲノン)」という治療を行っています。HARGカクテルを新たに成分調合を加え「発毛効果・持続性・即効性」など、全ての面でHARG療法を上回っています。

 

費用も1回20万円と高額ですね。6〜10回の施術で確かな効果が見られるようです。

 

 

自毛植毛による治療

自毛植毛は、内服薬や外用薬による治療や注入治療である育毛メソセラピーやHARG療法とは違い、外科的手術を行う治療です。

 

手術内容は、後頭部などのハゲていない部分の髪を毛包ごと採取して、頭髪の薄い部分に植えていく手術です。採取された植毛に使われる髪をドナーと呼びます。ドナーには髪が2〜3本まとまっています。

 

自毛植毛手術は、採取方法によってFUT法とFUE法に分かれます。

FUT法(FOLLICULAR UNIT TRANSPLANTATION)はメスを使う術式

後頭部に縦1センチ、横に10〜20センチの長方形に皮膚ごと髪を採取します。皮膚を「髪ごとめくる」というイメージです。採取後は、採取された皮膚の上下を縫い合わせるので、術後はしばらく皮膚が引っ張られる感じがします。また横一文字に傷跡が残ります。ただ、傷の縫合には、傷跡を目立たなくする縫合法が採用されているので、数日すればほとんど目立たなくなりますし、髪を伸ばせば、ほぼ分かりません。

 

FUT法では、採取できるドナー髪の本数が多いので、植毛する面積が広くても対応ができるのはメリットが高いです。また傷跡は目立たなくなるので問題ありませんが、術後に痛さを感じる方もいるようです。また、髪の毛を採取するために、短くカットする必要があるので、植毛をしたとバレてしまうのがデメリットですね。

 

また毛根が切断されることなく採取できるので植毛した髪の定着率が高いのもメリットです。術後は傷後が広いことから完治まで2〜3週間は必要です。

FUE法(FOLLICULAR UNIT EXTRACTION)はメスを使わない術式

植毛する髪を毛包ごと採取することに変わりありませんが、メスの代わりにパンチと呼ばれる「くり抜き器具」を使用します。パンチを使い微小の穴をあけて毛包ごとドナーとなる髪を採取します。穴の大きさは1o前後の小さいものなので、傷跡も残らず術後に痛みを感じることも少ないのが特徴です。

 

FUE法は、FUT法よりも新しい技術ですが、最近の自毛植毛では多く採用されている術式です。ただ採取するときにパンチを使用するので毛根を切断してしまう確率がFUL法よりも高いのがデメリットです。

 

また、1回の手術で採取できるドナー髪の本数もFUT法よりも少ないので、広い範囲に植毛したい方には適していません。定着率が高く、広い範囲に植毛したい方には、メスを使用するFUE法が合っています。

 

FUE法はメスを使わないので、傷(パンチでくり抜いた箇所)の治りも早く、2〜3日で完治します。金曜日に手術を受ければ月曜日に仕事に行ってもバレません。

植毛ロボットARTAS(FUE法の属する)

メスを使わないFUE法の採取部分だけをロボットが行います。正確には、ARTASロボットはドナーとなる髪の毛根と、その周辺組織を剥離するところまで行います。その後、ドナーの引き抜き作業、ドナーの植え付けは医師の手によって行われます。

 

FUE法では、毛根部分を切断しやすいデメリットがあり、医師の技術による差が見られましたが、コンピューター制御によるATRASロボットが採取を行うので、安定してドナーを採取することができるようになりました。

 

ただ100%毛根を切断しないということではありませんし、技術の高い医師が採取した方が毛根の切断率は低いようです。

 

またARTASロボットを取り入れているクリニックが少ないの現状です。有名なクリニックでは「湘南美容外科クリニック」「聖心美容クリニック」「TOMクリニック」が有名です。症例数も多いので信頼感は高いです。

自毛植毛のメリット

自毛植毛の最大のメリットは、確実に髪を「生やせる」「増やせる」ことです。採取した髪の95%以上が定着するので、ほとんどロスはありません。また、ドナーの髪が伸びるまでの3〜4カ月で手術の効果を実感できるので安心感もあります。

 

またハゲ・薄毛の期間が長くて、毛根のなくなってしまった部分にも植毛ができるのは、大きなメリットです。

 

もう一つのメリットは、「植毛した髪が抜けることはほとんどない」ということです。AGA(男性型脱毛症)の場合、5αリダクターゼの影響を受けてジヒドロテステステロンが作られますが、植毛した髪は5αリダクターゼの影響を受けにくい特性があります。

 

後頭部から採取した髪の毛包には、5αリダクターゼが通過できる穴が開いていないために影響を受けにくいと言われています。皮脂線から分泌された5αリダクターゼも毛包を通過できないのでジヒドロテステステロン(DHT)は作られないということですね。

自毛植毛のデメリット

最大のデメリットは費用が高いことです。全ての薄毛治療の中で、最も高い治療方法です。費用は植毛する面積にもよりますが、50〜150万円ぐらいが相場です。

 

実は、メスを使うFUT法による植毛の方が、メスを使わないFUE法よりも安い費用で受けることができます。一般的に1.5倍〜2倍程度の開きがあるようです。またARTASロボットによる植毛術が一番高いです。

 

次に、採取する箇所を短くカットする必要があるのもデメリットかもしれません。そのため植毛する面積によってはウィッグや帽子で隠すことになります。髪の長い方や女性の場合には、ツーブロックカットで隠すこともできます。

 

また植毛した髪が抜けることはありませんが、元々の髪が抜ける心配は残ります。そのためプロペシアなどの抜け毛を予防するための治療薬を服用しなければならない可能性は残ります。

 

さらに植毛した周囲の髪(既存毛)が一時的に抜ける心配があります。これはショックロスと呼ばれ、術後半年から1年で元通りになるようです。原因は不明ですが、局所麻酔や採取した箇所の炎症反応の可能性が高いそうです。

自毛植毛がオススメな方

「費用よりも結果が大事!」という方にオススメです。やはり費用が高いので、簡単に決断できる治療ではありません。ただ、植毛した髪が抜けることはありませんし、採取した髪の95%以上が定着するという高い治療効果を考えれば、予算の許す方には、確実に薄毛を治せるのでオススメします。

病院以外での薄毛治療はできるの?

育毛剤で薄毛は治療できるの?

ここまでは、「病院での薄毛治療」についてご紹介をしてきましたが、「育毛剤で薄毛治療はできないの?」という疑問をお持ちの方もいるかと思います。

 

育毛剤はドラッグストアや通販などで手軽に購入することができるので、病院で治療することと比べると身近に感じるかもしれませんね。それに、自宅で手軽に薄毛治療ができたら嬉しいですよね。

 

しかしながら、育毛剤では薄毛を改善することはできません。

 

育毛剤の役割は「頭皮環境を整えて髪の成長を促す」ことです。その結果、得られる効果は「薄毛の進行を遅らせる」ことです。育毛剤は発毛剤とは違うんですね。

 

例えば、本来なら30代でハゲてしまうような若ハゲ予備軍の人が、20代後半から育毛剤を使うことで「30代ではハゲないけど、40代後半から50代にかけて薄毛が進行してくる」という状況まで髪の毛を保たせることができます。

 

育毛剤には、薄毛の人の髪の毛をフサフサに回復させる効果はありません。

 

でもネット通販などで見る育毛剤のホームページでは、「いかにも効果のある成分が含まれている」ように書かれているじゃないか!?

 

このように思われる方もいるかもしれませんね。

 

実際に育毛剤に使用されれている成分を調べてみると、

効果・効能 成分名
男性ホルモンを抑制成分

コレステリルグルコシド
M-034エキス
センブリエキ
ビワ葉エキス
オウゴンエキス
亜鉛
ノコギリヤシ
ヒオウギエキス
プラセンタエキス

末梢血管拡張成分

コレステリルグルコシドス
ビワ葉エキス
アルギニン
シナノキエキス
シナノキエキス
ヒキオコシエキス
セファランチン
プラセンタエキス
ジフェンヒドラミンHC

毛母細胞活性成分

コレステリルグルコシド
M-034エキス
センブリエキス
ビワ葉エキス

栄養素補給成分

亜鉛
牡丹エキス

頭皮代謝成分

ビワ葉エキス
アルギニン
プロビタミンB5
シナノキエキス
グリチルリチン酸2K

保湿成分

M-034エキス
オウゴンエキス
プロビタミンB5
シナノキエキス
ヒキオコシエキス

抗菌・消炎成分

プロビタミンB5
グリチルリチン酸2K
ジフェンヒドラミンHC
牡丹エキス

抗脂漏成分

ビワ葉エキス
ノコギリヤシ

抗酸化成分

シナノキエキス
牡丹エキス

角質溶解成分 ヒオウギエキス

他にも、多くの成分が使われていますが、育毛剤は「医薬部外品」であり医薬品ではありません。

 

医薬部外品とは、一定の効果・作用は認められるが有効成分の濃度が低いため、治療効果はなく予防目的で使われる商品です。

 

その代わり、医薬品のような副作用の危険も限りなく少ない商品です。(稀に、アレルギーのでる場合がある)

 

そのため薄毛を回復させたいのあれば、プロペシアなどの医薬品を使う必要があります。最近では、個人輸入代行業者を通じてネット通販でプロペシアなどを購入する人もいるようです。

 

次に「ネット通販でプロぺシアを買っても安全なの?」という疑問にお答えします。

 

 

プロペシアの個人輸入って安全なの?

プロペシアは薄毛の原因の一つである5αリダクターゼの働きを抑える医薬品として、とても効果が高い治療薬です。

 

本来は、医師の処方箋が必要な医薬品なのですが、個人輸入代行業者を通じて購入する人もいます。

 

しかし、個人輸入でプロペシア購入することはオススメできません。

 

というのは、個人輸入した海外製の医薬品が正規品であるのかを確かめようがないからです。有名な代行業者を使っても同じことです。

 

「人気がある業者だから」というだけで、どこまで信用できるのでしょうか?

 

育毛剤とは違い「副作用のある医薬品」です。多少、費用がかかっても、日本の医師に処方してもらう方が安心・安全であることは間違いありません。

 

また、効果や副作用のことを考えても医師の指導の下で服用することをオススメします。

 

実は、薄毛がかなり進行してしまった方は、プロペシアだけでなくミノキシジルを併用することが必要となります。プロペシアで薄毛の進行を止めて、ミノキシジルで発毛を促します。

 

プロペシアとミノキシジルを併用して薄毛の治療を行うわけですから、当然、副作用の症状がでる可能性も高まります。

 

しかし、病院で処方してもらっていれば、医師に処方してもらった通りに使用するので、副作用の可能性も低くなります。

 

また、中にはプロぺシアでは効果の出ない人もいます。この場合、ザガーロ(成分名:デュタステリド内服薬)を使用することになります。

 

5αリダクターゼ還元酵素には「T型」と「U型」の2種類あって、プロペシアは「U型」にしか効果がありません。もし、あなたの薄毛の原因が「T型」にあった場合、プロペシアでは効果がないということになります。

 

個人輸入の場合、効果のないプロペシアを使いつづけることになるかもしれませんね。

 

一方で、病院で処方してもらっている場合には、効果が出ない時には、その原因を探り、ザガーロに変更するなど正しく対処してくれます。
このように、薄毛を回復させるという目的からも病院での治療をおすすめします。

 

薄毛治療の費用@プロペシアから最新薄毛治療まで

病院での薄毛治療には、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?
薄毛治療は自由診療なので保険が効きません。
そのため病院によっても費用が違うことは上記でも説明しましたがカウンセリングを受ける前におおよその目安を持っておきたいですね。

 

内服薬や外用薬による薄毛治療には、プロペシアやザガーロにジェネリック医薬品のフィナステリドがあります。また女性用の処方薬としてパントガールにパントスチンがあります。価格は5,000〜12,000円が目安です。

 

これらは皮膚科でも処方してもらる病院がありますが、費用は薄毛の専門病院よりも高いですね。

クリニックが独自に開発しているオリジナル処方薬は発毛実感率が99%以上というものが多、く費用は15,000〜35,000円ぐらいが相場です。プロペシアとミノキシジルを主成分として亜鉛やビタミン類を配合して発毛効果を高めています。

注射器などで有効成分を注入する治療に育毛メソセラピーやハーグ療法があります。高い発毛効果と短期間での改善が期待できるので人気が高いです。

 

施術は1回だけなく6回〜10回は必要となります。3〜4回の施術で髪の毛が生えたことが実感できる方が多いようですよ。1回80,000円〜100,000円ですので数十万円が必要ですね。決して安くはないので、じっくりと考えましょう

自毛植毛は、一度植毛すれば抜けることはないので検討する価値のある治療と言えるでしょう。しかし、料金が高額になるので、しっかりと吟味しましょうね。

 

植毛手術には「切る植毛」と「切らない植毛」があります。「切らない植毛」は髪の毛の毛包ごとにくり抜くので傷跡がほとんとありません。(点が残るだけです)「切る植毛」も一定の期間が過ぎれば傷も目立たなくなります。

 

>>治療費の徹底解説はクリック!

 

 

薄毛治療は保険が効くの?<皮膚科と専門病院の違い>

AGA・薄毛治療には皮膚科でプロペシアなどの内服薬を処方してもらう方法や、薄毛治療の専門病院でプロペシアやザガーロの処方、オリジナル処方薬や育毛メソセラピーにHARG療法、そして自毛植毛などがあります。

 

皮膚科での治療も、頭髪治療の専門病院での治療でも健康保険が効かない自由診療になります。

 

皮膚科では、イボ治療やアトピー性皮膚炎は一般診療になるので保険が効きます。1割〜3割負担なので割安価格で治療できますが、同じ皮膚科でもプロペシアは自由診療となり10割負担です。さらに病院によって料金も違います。

 

病院が独自に料金設定ができる自由診療は、病院ごとに価格差が生じてきます。

 

ただし、円形脱毛症はストレスからくる脱毛症にあたるので保険の効く一般診療となることが多いようです。

 

>>保険適用の解説ページを見る

 

 

薄毛治療は医療費控除できるの?

確定申告で1年間に使った医療費が家族単位で10万円を超えた医療費を控除できます。

 

例えば家族が1年間に支払った医療費が

  • 父親の手術入院費用:300,000円(食費、ベッド代は含まず)
  • 通院に使ったタクシー代:35,000円(レシートや領収書が必要)
  • 母親が薬局で買った薬:25,000円(レシートの保存が必要)

 

合計が360,000円の医療費を払ったことになります。ここから100,000円を引いた260,000円が所得から控除できるので所得税が安くなります。

 

300,000+35,000+25,000=360,000円
360,000ー100,000=260,000円

 

所得税が安くなると市県民税や健康保険料なども変わってくるので侮れません。また、お子様が保育園に通っていいる場合には、所得によって保育料が決まるので、病院の領収書やレシートなどは、ちゃんと保存しておきましょうね。

 

>>医療費控除の解説ページ

 

 

薄毛治療@血液検査と遺伝子検査って何のため?

薄毛治療の専門病院では治療の前に血液検査をするところが多いです。これは処方薬もプロペシアやザガーロなど副作用の可能性がどの程度あるのかを調べるためです。

 

血液検査は、治療をする前と治療開始ご6ヶ月程度経ってからの2度行う病院もあります。実際に服用を始めてからの影響を確認するためです。

一方、遺伝子検査はプロペシアやザガーロなど5αリダクターゼ還元酵素の働きを抑えることができるのかを調べることができます。

 

テステステロンが5αリダクターゼに影響を受けやすい体質かを調べます。つまりテステステロンの還元酵素に対する感受性の検査です。

 

一言で説明すると、服用する前に「効くかどうか?」を知ることができるんですね。20,000円前後の費用はかかりますが、予算に余裕があれば受けておきたい検査です。

 

>>血液検査と遺伝子検査って何のため?

あなたの街の評判の高い薄毛治療の病院

当サイトでは、47都道府県ごとに評判の高い薄毛治療の病院を紹介していますが、「手っ取り早く知りたい!」という方のために総合ランキングという形式でお薦めの病院を紹介しています。

 

どこを選ぶか迷ったら1位の病院から優先してカウンセリングを予約すれば後悔や失敗することもありません。

 

そして、あなたの薄毛の状態を専門医に診断をしてもらい、正しい治療を受けてみましょう。:半年から1年の治療を受けた後には、「大量の抜け」や「透けてきた頭皮」に悩んでいたのが嘘のような未来が待っています。

 

「もっと早く相談して入れば良かった!」と後悔することはあるかもしれませんね(笑)

 

 

 

更新履歴