AGA 筋トレ

AGAと筋トレの関係

AGA(男性型脱毛症)と筋トレの関係性を気にしている方がいるようです。AGAの原因が男性ホルモンにあることと、筋トレをすると男性ホルモンが増える傾向にあることが理由のようです。

 

 

では、筋トレをするとAGA(男性型脱毛症)は進行するのでしょうか?

 

先に答えを言うと、直接的な関係はない!ということです。筋トレをしているからと、AGAが進行したり、抜け毛の多い方がより抜け毛が増えるようなことはありません。

 

これは男性ホルモンの種類に関係があります。

 

筋トレをすると確かに男性ホルモンが増えるのですが、「テステステロン」という男性ホルモンが増えるんですね。そしてAGAの原因となる男性ホルモンはDHT(ジヒドロテストステロン)です。

 

ここで知っておかないといけないことがあります。それは、「DHTはテステステロンが還元酵素の影響を受けて変化したもの」ということです。

 

筋トレをしてテステステロンが増えてもAGAが進行することはありませんが、増えたテステステロンが還元酵素の影響を受ければDHTへと変化してしまいます。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)はAGA(男性型脱毛症)の原因ですね。DHTが増える要素ができてしまうことにはなります。筋トレをしても、直接AGAが進行することはないけど、原因となるDHTを増やす要因にはなるということです。

 

じゃあ、結局、どっち?

 

必ずしもテステステロンが還元酵素の影響を受けることにはなりません。医学的には、筋トレとAGAの相関関係は立証されていません。

 

「不安要素にはなるけど、それほど心配することはない」ということです。

 

AGAクリニックで行われる遺伝子検査を受けると還元酵素の作用を受けやすい体質なのかを確認することができます。

 

わざわざ受ける必要はないと思いますが、気になるようでしたらAGAクリニックで相談しましょう。

AGA治療しながら筋トレしても大丈夫?

AGA治療をしながら筋トレをするとAGA治療の効果が小さくなるのでしょうか?

 

AGA治療に使われる治療薬はプロペシアをメインとしてミノキシジルの外用薬や内服薬ですね。

 

では、筋トレをしながらプロペシアやミノキシジルタブレット(内服薬)を服用すると、その効果が小さくなるのか?

 

プロペシアは男性ホルモンの働きを抑制することでAGAの進行を抑制することで知られていますが、

 

詳しくは、

 

還元酵素の働きを抑制してテステステロンがDHTへと変化することを阻害します。直接、テステステロンに作用することはないので、筋トレしてテステステロンが増えてもプロペシアの効果に影響はありません。

 

<豆知識>
還元酵素は皮脂腺から分泌されます。皮脂の分泌料が増えてくると還元酵素も増える傾向にあるので、頭皮環境を清浄に保つことが大切です。

 

また、ミノキシジルは毛細血管を拡張する効果があります。血流を促進して肝臓で作られた栄養分を毛根に運ぶことで発毛を促します。

 

では筋トレをするとミノキシジルの効果が小さくなるのでしょうか?

 

筋トレをしてもミノキシジルの効果が小さくなることはありません。確かに筋トレをすることで血管が収縮することはありますが、一時的な症状です。

 

筋トレをしてもAGAが進行することはありませんので、安心して筋トレしてくださいね。

筋トレするとプロペシアが効かないの?

筋トレするとプロペシアが効かなくなるのでしょうか?

 


上記でも説明した通り、筋トレによって男性ホルモンのテステステロンは増えるのですが、プロペシアはテステステロンに作用するのではなく、還元酵素の働きを抑えるものです。

 

還元酵素の働きを抑えることでテステステロンに作用することを抑えます。その結果、DHTが作られないので抜け毛が増えることも、AGAが進行することもありません。

プロペシアで筋肉は落ちるの?

筋トレをしてもプロペシアに効果に影響のないことはご説明しました。では、既についている筋肉が落ちることはあるのでしょうか?

 

心配されている方が少なからずおられるようですが、プロペシアを使用しても筋肉が落ちることはありません。

 

プロペシアを服用中にプロテインを飲まなくなる方がいるようですね。筋トレの必需品であるプロテインを飲まなくなることで筋肉が落ちることはあっても、プロペシアが筋肉に影響を与えることはありません。

まとめ

筋トレをしながらAGA治療をしても、筋肉が落ちたり、プロペシアの効果が小さくなることはありません。

 

筋トレをすることで、男性ホルモンのテステステロンが増えることから、そのような噂が流れたのだと思いますが、直接的な関係はありません。

 

ただ、テステステロンが還元酵素の影響を受けると、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)に変化することになります。

 

直接的な影響はありませんが、関節的には関係はあるのかもしれませんね。

 

↓↓↓薄毛治療の病院選びに失敗したくないなら↓↓↓

>>薄毛治療のおすすめ病院<<

関連ページ

ミノキシジルとプロペシアはどっちの効果が高いの?
ミノキシジルとプロぺシアの違いは何でしょうか?ミノキシジルとプロぺシアを併用すると効果が高いのでしょうか?どっちから使うべきでしょうか?「効果なし」とか言われていますが、本当のところ効果はあるのでしょうか?こちらのページでは、そんな疑問にお答えしています
分け目が薄い女性の対策!【頭皮が透けてきたら赤信号!】
分け目が薄いと悩んでいる女性が増えてきましたが、原因を知り、正しく対策すれば必ず改善します。こちらのページでは、その原因と対策の方法を紹介しています。
育毛メソセラピーって効果ある?効果ない?費用は高いの?
育毛メソセラピーは効果があるのでしょうか?女性にも効果があるのでしょうか?クリニックの選び方に副作用から費用まで育毛メソセラピーについて徹底解説しています。最後にお薦めのクリニックも紹介しているので参考にして下さい。
頭皮が赤いとハゲるのか!?原因はコレだった!
「頭皮が赤い」だけと軽く考えないで、ちゃんと原因を突き止めて正しい対策を取ることが「抜け毛が増えることなく」、将来、ハゲることなく過ごすことが出来ます。皮膚科で治療する必要があるかを自分で判断しないことが大切です。こちらのページを参考にし下さい。
頭頂部ハゲの原因と対策【最適な治療はコレだった!】
頭頂部のハゲは、AGA(男性型脱毛症)に良く見られる現象です。AGAの原因であるDHTはプロペシアにより、その働きを阻害することができます。またハゲが進行している方は、ミノキシジルを併用することで改善することも可能です。では、それでも改善きない方はどうするべきか・・・?
抜け毛がひどい!ハゲるかも…【男性の原因と対策を徹底解説】
「抜け毛がひどい…、将来、ハゲるかも!?」と悩む男の人へ。その原因と正しい対策を紹介しています。「シャンプーが効くのか?」「育毛剤がいいのか?」「プロペシアがいいって聞いたけど本当?」など、男性の疑問にお答えします。
抜け毛が多いとハゲるの!?【原因と対策はコレ!】
抜け毛が多いとハゲるのか?抜け毛が多いという「基準」「時期」「男性の原因」「女性の原因」などを解説しています。正しく対策すれば薄毛の進行を食い止められます。
プロペシアの初期脱毛でスカスカになる!?
プロペシアの初期脱毛について説明しています。「いつから」抜け始め、「どのくらいの確率」で症状が出るのか、「回復はするのか?」また「初期脱毛で髪の毛がスカスカになることはありのか?」など、あなたの疑問にお答えています。
DHT(ジヒドロテストステロン)を抑制すればハゲない!
DHT(ジヒドロテストステロン)を抑制することでAGA(男性型脱毛症)を予防・改善できるのですが、どのような方法でDHTを抑制することができるのでしょうか?筋トレ、紅茶、イソフラボン、亜鉛に育毛剤やサプリなど、いろいろ言われていますが、こちらのページで最適な方法を紹介しています。
20代なのに抜け毛がひどい!【原因と対策はコレ!】
「抜け毛がひどい!」方の対処法は、まず原因を究明して正しく対策すれば抜け毛は止まります。また、抜け毛が激しくて薄毛へと進行してしまった方でも実績豊富なAGAクリニックで治療を受けることでスカスカの頭皮も改善することが出来ます。抜け毛がひどい方は必見です!
女性の抜け毛の原因は何?@急な抜け毛にビックリ!
急な抜け毛にビックリしたことはありませんか?女性の抜け毛の原因には、加齢により更年期に起こるホルモンバランスの乱れ、産後のびんまん性脱毛症もホルモンが関係しています。しかし病気ではないので、正しい対策をすれば大丈夫です。