DHTを抑制できればAGAにはならない!?

 

AGA(男性型脱毛症)の主な原因とされているのがDHT(ジヒドロテステステロン)です。中には「何、それ?」と思う方もいるかもしれませんね。

 

聞きなれない言葉ですが、このDHTを減らすことができればAGAの進行を食い止めたり、薄毛を改善していくことができます。

 

では、どうしたらDHTを減らすことができるのでしょうか?

 

こちらのページでは、DHTの正体を明らかにし、DHTの生成を抑制する方法を紹介しています。

 

そもそもDHT(ジヒドロテステステロン)って何?

DHT(ジヒドロテステステロン)は、男性ホルモンの一種でAGA(男性型脱毛症)の原因の一つです。

 

もともとは、男性ホルモンの「テステステロン」が還元酵素である「5αリダクターゼ」の影響を受けて変化したものです。

 

そして、このDHTが毛根の働きを阻害することで毛母細胞の働きが弱くなり、髪の成長が衰えてしまいます。

 

5αリダクターゼにはT型とU型が存在しますが、主に「U型の5αリダクターゼ」が「テステステロン」に作用して「DHT」へと変化させます。

 

生え際やM字部分の薄毛は、T型の影響を受けているとも言われていますが確かな根拠はありません

 

DHTの生成を抑えることができればばAGAにならない!

AGA(男性型脱毛症)の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)が作られるのを抑えることができれば「AGAにはならない」ということですよね。

 

5αリダクターゼ還元酵素の働きを抑えることができれば、DHTの作られるのを抑制、または量を減らすことができるということです。

 

また、増えているテステステロン(男性ホルモン)の量を正常値にすることができれば、DHTも作られる量が減ります

 

そこで、こちらのページではDHTが作られるのを抑制する方法を紹介しています。

DHTを抑制するのに運動は効果的なの?

DHT(ジヒドロテストステロン)を抑制するのに運動が有効である言われていますが本当にそうなのでしょうか?中には、筋トレをすることでDHTを減らすことができると聞いたことのある方もいるかもしれませんね。

 

筋トレをすることで男性ホルモンのテステステロンが増えます。ただテステステロンは、筋肉や骨などの運動によって酷使される受容体に取り込まれるので、余分なテステステロンが減ります。

 

テステステロンの量が少ないので、DHT(ジヒドロテストステロン)の作られる量も減るでしょ?という論理ですね。

 

ただ、余分なテステステロンが減るだけで、テステステロンがなくなるわけではありません。

 

またテステステロンの量自体が問題なのではなく、DHT(ジヒドロテステステロン)へと変化することが問題なのです。

 

豆知識
有酸素運動やサウナで汗をかくことでDHT(ジヒドロテストステロン)が排出されるとも信じられていますが、男性ホルモンが汗によって体外へ排出されるようなことはありません。

 

確かに余分なホルモンは腎臓によって分解されて尿と一緒に排出されますが、汗に混じって排出されることはありません。

 

<まとめ>
テステステロンはDHTの生成に大きく関係していますが、テステステロンが増えたからといって、DHTが必ず増えるということではありません。

 

あくまで、5αリダクターゼ(還元酵素)の影響を受けるかどうかが問題なのです。ということから、運動によってDHTを抑制することはできません。

 

DHTを抑えるための食品・食べ物あるの?

イソフラボンでDHTを抑制できる

イソフラボンがDHTの抑制に効果があると言われています。

 

実は岡嶋研二博士のIGFー1理論というものがあります。IGF-1理論とは、髪の毛の「成長期」に多く分泌され、髪の成長に不可欠であると言われています。

 

実は、このIGF-1はイソフラボンとカプサイシンを同時に摂取することで作られます。

 

これがイソフラボンがDHTの抑制すると言われる所以なのかもしれませんが、実際は、DHTが抑制されるのではなく、成長期が長く(正常)になり薄毛を改善することに繋がるのです。(*実際は、テステステロンが増えるのを抑制するようです>)

 

イソフラボンもカプサイシンも食事から摂ることができます。イソフラボンは大豆製品から、カプサイシンは唐辛子製品から摂ることができます。

 

例えば、納豆にキムチを混ぜたり、味噌汁に一味を振りかけたり、豆腐に豆板醤を乗せたりすることでイソフラボンとカプサイシンを同時に摂取できます。

 

毎日の食事を少し工夫することで髪の成長に役立ちますね。これがDHTは食事で抑制できると言われれる理由なのかもしれません。

 

紅茶でDHTを抑制できるの?

前立腺がんの研究において「紅茶がDHTを抑制する」ということが分かりました。DHTの数値が高いほど前立腺がんになりやすいと言われています。これはAGAも同様ですね。

 

薄毛の研究から解明されたのでなく、前立腺がんの研究から分かったことです。薄毛になっても生命の危険はないので研究が進まないと言われています・・・。

DHTをサプリで抑えることができるの?

>

亜鉛でDHTを抑制できるの?


DHTが作られる原因の一つである「5αリダクターゼ」の働きを抑える作用のある成分の一つに亜鉛があります。

 

育毛剤や育毛サプリメントにも配合されているので、一定の作用があるのは間違いないことでしょう。

 

ただ、DHTを抑制するまでの効果を得るには、どの程度の亜鉛を摂取すれば良いかは定かではありません。

 

多く摂ることができればいいのですが、食べ物から亜鉛を摂取するのは難しいのが現状です。

 

牡蠣には亜鉛が豊富に含まれていることは知られていますが、実は食べ物からの亜鉛の吸収率は低いんですめ。

 

そのためサプリメントを利用することが推奨されることが多いのですが、あくまで食事の補助としても役目しかなく、DHTを抑制できるほどの亜鉛をサプリメントから摂ることは難しいです。

 

本来、サプリメントは補助食品と捉えられており、直接、体に作用するほどの含有量はありません。

 

ノコギリヤシでDHTを抑制できるの?

ノコギリヤシによるDHT(ジヒドロテステステロン)の抑制作用の調査で「6割の被験者に改善が見られた」ということが根拠となっているようですが、被験者も数十人という小規模のものであったことから、信頼できるデータであるとは言い難いかもしれませんね。

 

ただ数十人には効果があったということなので、これをどう評価するのかですね。

DHTを抑制するのにシャンプーは効果ある?

DHTの原因となる5αリダクターゼは、毛穴にある皮脂腺から皮脂と同時に分泌されます。適度な皮脂は頭皮を守るのに役立ちますが、過剰な皮脂の分泌は髪の成長を妨げる原因にもなっています。

 

シャンプーをすることで過剰な皮脂が取り除かれ、正常な頭皮環境が作られます。頭皮環境が改善されることで皮脂の分泌量も正常に戻ります。

 

その結果、DHTが作られることが抑えられるということですね。

 

ただ、シャンプーで取り除かれるのは、あくまで過剰な皮脂です。5αリダクターゼを直接に除去するわけではありませんので、その効果も限定的と言わざるを得ません。

育毛剤でDHTを抑制できるの?

数多くの育毛剤が販売されていますが、育毛剤でDHTを抑制することはできるのでしょうか?

 

DHTを抑制する成分には、いろいろありますが、比較的に抑制する作用の強い成分として「ヒオウギエキス」や「オウゴンエキス」があります。

 

最近では、DHTを抑制するだけでなく、ミノキシジルと同等の発毛作用があると評判の「キャピキシル」という成分があります。

 

実際には、「キャピキシル」は「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド3」という2つの天然成分が組み合わせたものです。

 

確かに、これらの成分にはDHTを抑制する作用がありますが、育毛剤は「効果がある!」言うことのできない「医薬部外品」です。

 

医薬部外品には副作用の心配がありませんが、効果があるとも言えないのです。効果がでるほどの量を配合すれば、副作用の可能性が出てしまいま

 

ということから、育毛剤でDHTを抑制することができるとは言えないのが現状です。もちろん、中にはDHTを抑えることのできる方はいますが・・・。

DHTを抑制するにはプロペシアが最適!?

プロペシアの主成分であるフィナステリドには「5αリダクターゼ還元酵素」の働きを抑える効果があります。

 

テステステロンの量に関わらず、DHTの生成を抑えることができるので、最も効果的な方法です。

 

プロペシアは医師の処方が必要な医薬品です。そのため病院での診察が必要です。

 

最近では、個人輸入代行業者を通じてネット通販で購入する方がいますが、あまりオススメできません。

 

というのは、プロペシアには副作用の可能性があり、特に心臓疾患や肝臓の弱い方は気をつけなければいけません。

 

また、個人輸入した海外製のプロペシアが正規品であるかも確認のしようがありません。

 

代行業者は個人輸入の手助けをしているだけで、商品に対して責任はありません。購入したのは「個人輸入代行業者を利用した人」ということになり自己責任です。

 

このことからも、プロペシアを購入する時は病院で医師に処方してもらうことが安心、安全でおすすめです。

 

 

プロペシアより効果の高いザガーロとは?

5αリダクターゼには「T型」と「U型」があるのですが、プロペシアはU型にしか効果がありません。
一方で、ザガーロはT型とU型の両方に効果があります。

 

T型の5αリダクターゼは生え際に多くあるそうなので、生え際が後退してきた方やM字ハゲの方には、ザガーロの方が適しているのもしれません。

 

では、初めからザガーロを使用した方がいいと考えがちですが、プロペシアよりも料金が高いのがデメリットです。

 

そのため、初めはプロペシアを試してみて効果がなければザガーロを使用することが多いようです。

 

実は、AGA遺伝子検査を受けることでプロペシアで効果があるのかを知ることができます。

 

参考ページ>>AGA遺伝子の詳細はコチラ

まとめ

DHTの生成を抑制することができば、AGA(男性型脱毛症)の発症を抑え、その進行を食い止めることができます。

 

そこで、「運動・食品・サプリメント・シャンプー・育毛剤」などでDHTを抑制できるのかを紹介しましたが、一番の効果的なのは医薬品である「プロペシア」です。

 

プロペシアは、個人輸入で安く購入することができますが、副作用や信憑性などからも病院で医師の処方を受けた正規品を使用することをオススメします

 

また、病院といっても一般皮膚科もAGA治療の専門クリニックもあります。

 

一般皮膚科クリニックでもプロぺシアを処方しているので問題ありませんが、AGA遅漏の専門クリニックもオススメします。

 

専門クリニックならプロぺシアによる治療に精通しているので、副作用の管理も安心ですし、いろいろな疑問や不安にもアドバイスをくれます。

 

 

プロペシアはDHTを抑制できる効果的や治療薬なので、専門医による指導のもとで服用することをオススメします。

 

>>薄毛治療のおすすめ病院はこちら