フィナステリド 効果 副作用

フィナステリドの効果@AGAに効く理由とは?

薄毛の治療では薬剤の使用が欠くことはできませんが、その薬剤の中に含まれることが多い有効成分の一つに「フィナステリド」と呼ばれる物質が挙げられます。フィナステリドは、特にAGA(男性型脱毛症)の治療時に効果を発揮します、具体的にはどのような仕組みで効果があらわれるのでしょうか?

 

 

フィナステリドは、医薬品の分類では「5α還元酵素阻害剤」に分類されます。5α還元酵素は、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンと結合し、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる別の種類の男性ホルモンに変換する働きをします。

 

テストステロンもDHTも、男性の身体の発達にとって非常に重要な働きがあるホルモンですが、頭部のみに着目するとDHTは良くない作用をもたらします。

 

 

なぜかというと、DHTは頭部の毛乳頭細胞にあるレセプター(受容体)と結合すると脱毛因子と呼ばれる物質を放出するからです。

 

脱毛因子は毛乳頭に対して、毛髪の成長を抑制するシグナルを出す働きがあり、命令を受け取ると細胞分裂を抑制し、やがて完全に停止させてしまいます。

 

 

頭皮が健康な人のヘアサイクルは4〜6年程度の周期となりますが、脱毛因子が多く出されるようになるとこの周期がだんだん短くなっていきます。このヘアサイクルの乱れは、抜け毛の多さや薄毛になってあらわれ、目で確認できるようになったときにAGAの発症を自覚することになります。

 

 

フィナステリドは、体内に投与することで5α還元酵素の働きを妨げて、テストステロンと結合できなくさせます。
DHTの生成量がおさえられると、自ずとレセプターと結合するDHTの量も成長因子の放出量も減り、毛髪の細胞分裂を妨げる要因が取り除かれることで徐々に健康な人と同じように毛髪が成長していく環境が整えられます。

 

 

ただし、フィナステリドには抗ウイルス剤のような即効性はなく、AGAの治療効果を実感するためには、少なくとも6ヶ月間は休まずに毎日体内に投与を続けなければなりません。AGAの患者によっては、投与をはじめてから3ヶ月程度ではっきりと効果を自覚できるようになる場合がありますが、途中で投与をやめてしまうと再び体内のDHTの量が増えて薄毛の進行が加速するため、必ず6ヶ月間投与を継続するようにしましょう。

 

 

フィナステリドは、1日最大で1.0mgを体内に投与するだけで十分な効果を得ることができます。これ以上の量を体内に取り込んでも副作用の発現率を高めるだけなので、必ず用法と用量を守って投与を続けていくようにしましょう。

フィナステリドの副作用@肝機能障害は心配はあるの?

薄毛の悩みを解決したいときに、市販の育毛剤や育毛シャンプーに頼っても、なかなか髪の毛の量は増えないものです。

 

 

そのうち増えるだろうと期待していたら、さらに抜け毛が進行することもありますから、もっと本格的な育毛対策をしたいなら、プロペシアのような薄毛治療薬を服用するようにしましょう。

 

プロペシアの主成分のフィナステリドは、AGAの原因である男性ホルモンのテストステロンと、5αリダクターゼの結合を防止できるので、DHTの生成を抑えて、効率的に抜け毛を防げます。

 

育毛剤や育毛シャンプーを使うよりも、薄毛を改善する効果が非常に高いので、試してみたいときは病院で処方してもらことをお薦めします。薬には副作用があるので、それを知っておかないと、あとで深刻な状態になったときに後悔することがあるからです。

 

プロペシアの添付文書で確認してもらえばわかりますが、重大な副作用として、肝機能障害が起こることがあると記されています。ゆえに異常を感じたときは即刻使用を中止し、近くの病院で検査を受けるなどの適切な処置を行なわなければなりません。

 

とはいえ国内ではまだ、それほど重篤な状態になったケースは確認されていないので、それほど心配する必要はないでしょう。

 

 

それでも万が一ということはありますから、プロペシアの主要成分のフィナステリドには肝機能障害を起こす可能性があるということは、頭の片隅に入れておくようにしてください。

 

>>肝機能検査は血液検査で分かる

 

プロペシアを服用すると、主成分のフィナステリドが肝臓で代謝されますが、薬といっても体にとっては異物なので、その人の体質によっては、何らかの影響が出ることも考えられます。

 

すべての人の肝臓の代謝機能が優れているわけではないので、フィナステリドにより、肝機能障害を起こすこともありえないわけではありません。

 

生まれつき肝臓の弱い人や、普段からお酒を飲み過ぎていて、肝臓に負担をかけ過ぎている人の場合は、その危険が大きいので、医師に相談してからプロペシアを使うようにしてください。

 

副作用には他にも精力減退や精子の減少、EDなどがありますが、プロペシアを服用した人が誰でもそうなるとは限らないので、まずは試すようにしたいですね。

 

肝機能障害やEDになるのは嫌だと思う気持ちはわかりますが、副作用を発症するかどうかは、プロペシアを服用してみないとわからないことです。薬を飲んでもまったく何も起こらない場合が多いので、薄毛に悩んでいる方は利用するようにしましょう。

 

>>薄毛治療なら専門クリニックがお薦め