薄毛 治療費

薄毛治療にかかる費用って何があるの?

薄毛が気になり病院での治療を考えた時に、誰もが一番初めに気になるポイントは、やはり費用ですよね。

 

薄毛は改善したいけど

  • 実際の費用はどのくらい必要なの?
  • 薄毛治療の費用って保険が効くの?
  • 安くする方法ってあるの?

など、いろいろな疑問が出てきますよね。

 

薄毛治療には、「治療薬」の他に必要に応じて「血液検査」や「遺伝子検査」の費用がかかります。

 

また治療方法も、プロペシアなどの「内服薬治療」やの他に「外用薬治療」「育毛メソセラピー」や「HARG療法」、そして「自毛植毛」などがあり、治療の種類によっても費用が変わってきます。

 

次に、これらの治療内容と費用について紹介していきます。

 

内服薬治療の費用

プロペシアの効果と費用


プロペシアには、AGA(男性型脱毛症)の原因である悪玉男性ホルモン(ジヒドロテステステロン)を作らせないようにする効果があります。

 

ジヒドロテステステロン(DHT)は、テステステロン(男性ホルモン)が5αリダクターゼ還元酵素U型の影響を受けて変成したのものです。プロペシアは、この5αリダクターゼ還元酵素U型の働きを阻害するので、DHTが作られなくなります。

 

DHTが作られなければ薄毛は進行しないということです。プロペシアには発毛を促進する効果はなく、あくまで薄毛の進行を止めることが目的で使用されまます。

 

発毛をさせたい方は、ミノキシジルを併用することで発毛を促すことができます。プロペシアで抜け毛予防や薄毛の進行を止めて、ミノキシジルで発毛を促進するんですね。

 

【プロペシアの費用】

  • プロペシアの相場は、1か月分で6,500〜9,500円です。
  • 1年間で78,000〜114,000円の費用が必要となります。

病院によっては、初回を4,200円と低価格に設定している病院(AGAスキンクリニックや3か月分をまとめて処方することで安くしている病院(ヘアメディカル)もあります。

 

プロペシア単品で発毛を感じる方もいるようですが、1年間使用して約48%、2年間使用して約68%に留まります。やはりプロペシア単品では予防、現状維持を目的とした治療と考えるべきでしょう

 

参考ページ>>プロペシアの価格@一番安いクリニックはココ!

 

フィナステリドの効果と費用

フィナステリドはプロペシアのジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品とは有効成分は同じですが、添加物が違うもののことです。有効成分が同じなので効果は等しい言えます。

 

【フィナステリドの費用】
費用を安く抑えたい方は検討する価値が高いです。

  • 気になる費用ですが、5,500〜6,500円という病院が多いようです。
  • 1年間に換算すると、66,000〜78,000円です。

 

これも初回3,400円(AGAスキンクリニック)と低価格にしている病院や、3か月分処方に対応している病院(ヘアメディカル)もあります。

ザガーロの効果と費用

ザガーロの効果も、プロペシアと同様に5αリダクターゼ還元酵素の働きを阻害することですが、プロペシアと違うのは、5αリダクターゼ還元酵素の「T型」と「U型」のどちらの働きも抑制するということです。

 

5αリダクターゼ還元酵素には、「T型」と「U型」の2種類があり、「U型」は頭頂部と生え際のどちらにも存在しますが、「T型」は生え際に多く存在すると言われています。

 

生え際から後退していくるM字型ハゲにはプロペシアでは効果がないとされていますが、ザガーロなら効果があるようです。

 

プロペシアとザガーロのどちらを使うかは医師の診察を受けてから決めましょう。また遺伝子検査とすることで「T型」と「U型」のどちらの影響を受けて薄毛になっているのかを調べることができます。約10,000円の費用がかかる検査ですので、医師を相談をして決めましょう。

 

【ザガーロの費用】
気になるザガーロの費用ですが、

  • 1か月分で8,000円〜12,000円が相場です。
  • 1年間に換算すると、96,000〜144,000円です。

こちらも、プロペシアと同様に、初月4,800円と低く設定している病院(AGAスキンクリニックや3カ月分の処方に対応している病院(ヘアメディカル)もあります。

 

プロペシアよりも高いのがデメリットです。プロペシアで効果が期待できるならザガーロは必要ないので、医師の診察を受けてからの判断になります。

 

また、プロペシアよりも効果が高いのですが、副作用の可能性もたかまります。

オリジナル治療薬の費用と効果

オリジナル治療薬とは、各病院が独自に開発した治療薬のことで「発毛」を目的とした治療に使用されます。

 

オリジナル治療薬には、プロペシアとミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)を併用しての治療をメインとして、これらの併用効果を高めるために亜鉛やビタミン類を調合したオリジナル治療薬の3種類の内服薬になります。

 

ここに、必要に応じてミノキシジルの外用薬を併用することがあります。ここで使用されるミノキシジルは濃度が高いもので、薬局やドラッグストアで購入できる「リアップ」よりも効果の高いものを使用します。

 

プロペシアの代わりに、フィナステリドやザガーロが使われることがありますが、プロペシアなどで薄毛の進行を食い止め、ミノキシジルで発毛を促すことを基本としています。

 

 

【オリジナル治療薬の費用】

  • プロペシアとミノタブの併用で14,000〜18,000円前後
  •  

  • プロペシアとミノタブにオリジナル治療薬の種類を併用して20,000〜32,000円
  •  

  • 3種類の内服薬にミノキシジル外用薬を併用すると25,000〜40,000円

というのが平均的な費用です

治療期間は概ね6ヶ月〜12ヶ月という病院が多いです。
長くても1年間治療すれば、患者さんが満足できる結果が得られることが多いようです

 

1年間の治療費のトータルは

  • プロペシアとミノタブの併用で168,000〜216,000円
  •  

  • プロペシアとミノタブにオリジナル治療薬の種類を併用して240,000〜360,000円
  •  

  • 3種類の内服薬にミノキシジル外用薬を併用すると300,000〜480,000円

というのが1年間に必要なオリジナル治療薬による費用です。

 

薄毛治療を検討している方の多くが、このオリジナル治療薬によるコースを選択しています。また満足度の高いコースでもあります。

 

(*東京お住まいの方は、銀座総合美容クリニックのように格安の病院もあります)

参考ページ>>オリジナル治療薬の費用が一番安いクリニックはココ!

育毛メソセラピー&HARG療法の費用と効果

注射を使用して治療薬をダイレクトに毛根へ注入することで発毛を促進する治療です。

 

育毛メソセラピーとHARG療法の違いは、注入する治療薬の中に幹細胞から抽出した「発毛成長因子」が含まれているかどうかです。発毛成長因子が含まれていればHARG療法、含まれていなければ育毛メソセラピーということになります。

 

最近では、育毛メソセラピーにも発毛成長因子を含む治療薬を使用することがスタンダードになっています。ただ呼び名は「育毛メソセラピー」のままです。

 

というのは、HARG療法を名乗るには日本医療毛髪再生研究会の認可をを受ける必要があるからです。

 

以前は、HARG療法の方が育毛メソセラピーよりも効果が高いと言われていましたが、近年では、どちらも変わらず99%以上の発毛実感率を出しているのえ、言われるほどの差はないかと思われます。

 

育毛メソラピーの費用

育毛メソセラピーは1回80,000〜120,000円の病院が多いようです。

 

また6回の施術が必要とされれているので、トータル費用は、480,000〜720,000円と高額になるので医療ローンを利用する方もいます。

 

(銀座クリニックのように20,000円以下で受けれる病院や8回の施術をする病院もあります)

 

HARG療法の費用

HARG療法の費用は、100,000〜200,000円と高額になる傾向にあります。

 

HARG療法の施術回数は6〜12回と病院によって変わってくるので事前に確認しましょう。

 

HARG療法の総額は、600,000〜2,400,000円と、高額なだけでなくかなり差が開きます。

 

育毛メソセラピーとHARG療法のどちらも高額になりますので、医療ローンの対象になりますね。半年から1年で高い発毛効果を得ることができます。医療ローンを検討する価値はあるのかもしれません。

 

ちなみに、AGAスキンクリニックは途中で解約しても違約金もありませんし、施術を受けていない回数分の費用は返金されます。全国にクリニックを展開しているので、病院選びにアドバンテージがありますね。

 

HARG療法にこだわることなく、信頼と実績で病院を選ぶようにしましょうね。

 

参考ページ>>薄毛のメソセラピーが一番安い クリニックはココ!

自毛植毛の種類と費用

植毛後のメンテナスが必要ないということもあり、最近、注目されつつあるのが自毛植毛です。

 

自毛植毛の費用は、植毛する本数によって変わってきます。
また、頭皮を「切る植毛」か「切らない植毛」かでも費用が変わってきます。

 

頭皮を切る植毛は、後頭部より頭皮ごと髪を切りとり、1本づつ株分けをして薄い部分に植えていきます。また切らない植毛では、後頭部より、1本づつ毛包ごと採取するので傷跡が残らないこともあり人気の植毛です。

 

 

植毛費用ですが、M字ハゲや生え際の後退に最低必要な100G(グラフト)から天頂部の薄毛に最低必要な1000G(グラフト)での費用を紹介します。本数でいうと100G〜1000Gは200本〜2000本といったところでしょうか。

 

切る植毛100Gの費用は、180,000円〜です。
切らない植毛1000Gの費用は280,000円〜です。

 

1000Gは、その10倍ですね。
一見高いようですが、術後に育毛剤や内服薬を使用するなどのメンテナスが必要ないのはメリットといえますよね。
(*1G=2〜3本です。1000G=2,000〜3,000本でかなりの範囲をカバーできます)

薄毛治療に健康保険は効くの?

病院での薄毛治療には、決して安くない費用が必要になります。保険が効くなら、それほど費用を気にせずに済みそうですよね。

 

しかし、薄毛治療にかかる費用は保険の適用外となります。理由は明白で、厚生労働省が定めている医療保険の適用に含まれていないからです。基本的に医療保険が適用されるのは「生命や健康に関わる治療」です。

 

同じような観点から、美容整形も保険の適用外となります。

 

保険適用外の自由診療となるので病院によって価格が違います。また治療実績も違うので、病院を選ぶ際には、価格だけでなく信頼のある病院であることはもちろん、実績の多い病院を選びましょう。

 

薄毛治療の費用は医療費控除されるの?

薬局で、風邪薬など購入すると確定申告で医療費控除の対象となり、税金が還付されることがあります。

 

1年間に医療費に使った費用が、「病院で支払った金額」と「薬局などで対象に医薬品を購入した金額」の合計が10万円を超えた分に関して医療費控除の対象となり、確定申告で所得より控除されます。

 

これにより所得税が安くなるので、お得なんですよね。所得税によって健康保険代金や地方税などが決まるので、所得税の減額が少額であっても、決して侮れない金額になってきます。

 

しかし残念ながら、薄毛治療にかかる費用は医療費控除の対象とはなりません。これは薬局などで購入した育毛剤も同様です。

 

ただ、病気が原因である薄毛の場合には、医療費控除の対象となる場合があるようです。

 

 

皮膚科での薄毛治療の費用は?

 

皮膚科の中にも、プロペシアやザガーロを処方してくれる病院があります。

 

しかし、そのほとんどが、専門病院よりも高い価格設定になっており10,000円前後という皮膚科クリニックが多いです。また、専門病院のようなオリジナル治療薬はありませんので、発毛を目的とした治療ではありません。

 

「抜け毛がひどくて何とか止めたい!」という方には対応していますが、費用が高いので、おすすめはしません。また発毛を目的とした治療は行っていないので、注意が必要です。

 

皮膚科は当然のことですが、皮膚炎やアトピーなど皮膚の疾患を診るのが専門です。薄毛の治療を専門にしているわけではなく、治療実績も少ないのが現状です。このような観点からも、薄毛の治療は専門病院に相談することをおすすめしています。

 

もちろん、一般的な皮膚科だからといって保険が効かないのは専門病院と同じです。

女性の薄毛治療の費用はどのくらい?

女性の薄毛治療も男性と同様に保険が効きません。また女性はプロペシアを使用することができないので、多くの病院で、.は、プロペシアに代わりパントガールを使用しています。

 

このパントガールが若干高めなのと、漢方によるサポート治療も女性には効果的ですので、男性よりも治療費が高くなり
がちです。

 

このパントバールの価格が8,000〜12,000円が相場です。

 

また病院によってオリジナル治療薬を処方しています。このオリジナル治療薬の費用は

  • AGAスキンクリニック・・・・・14,000〜35,000円
  • ヘアメイクリハーサル・・・・・15,000〜32,000円

 

また聖心毛髪再生外来では、パントガール(12,000円)にヴィヴィスカル内服薬(15,000円)の併用治療に、外用薬KIPスカルプヘアエッセンス(17,000円)を使用することもあります。さらに漢方の処方(4,000〜6,000円)も行っています。合計すると、12,000〜50,000円と幅が広いです。

 

内服薬と外用薬による治療の他にも、男性と同じように育毛メソセラピーやHARG療法、自毛植毛による治療も行われます。こちらに費用は男性と変わらないものとなっています。

 

ただ、AGAスキンクリニックやヘアメディカルのように、女性用のオリジナル治療薬を開発している病院は35,000円以内で収めることができそうです。

 

 

>>女性の薄毛治療は、女性専門の病院で診察してもらいましょう

まとめ〜費用を安くするために〜

薄毛治療の費用は保険適用外であり、治療方法によって変わることが分かりましたよね? とすれば、あなたの薄毛の症状に合った治療方法で、できるだけ費用を抑えて治療をしたいですよね。

 

そこで、薄毛の症状別に費用の安い病院を紹介しているので参考にしてください。

 

抜け毛を止めたい方:薄毛がさほど進行しておらず抜け毛が気になる

もし、あなたの薄毛がそれほど進行しておらず「抜け毛が増えた」のが気になる程度であるならば、内服薬による治療で十分です。内服薬治療で、抜け毛は止まりますし、薄毛の進行を食い止めることができます。

 

その場合は、内服薬治療の費用が安いヘアメディカルでの無料カウンセリングを受けてみましょう。あんたの症状に合わせてプロペシアか適しているのか、ザガーロを使用したほうが良いのかの判断もしてくれるので迷うことがなくて安心です。

 

プロペシアなら市販の育毛剤よりも安い価格で治療を受けることができますし、フィナステリドなら更に安くなります。ザガーロでも育毛剤と同程度の価格で治療することができるので、費用対効果もいいです。

 

まずはヘアメディカルの無料カウンセリングを受けてみましょう。

 

>>ヘアメディカルの公式サイトはこちら

 

 

発毛させたい方:薄毛が進行しており頭皮が透ける状態

もしあなたの薄毛が多少なりとも進行していて「頭皮が透けている」状態にあり、「髪を増やしたい!」「髪を太くしたい!」と考えているなら、内服薬治療以外の「オリジナル治療薬」「育毛メソセラピーやHARG療法」「自毛植毛」が適しています。

 

となると、この中からどの治療方法を選べばよいのか迷ってしまいますよね。そこでオススメするのが費用が抑えられる「オリジナル治療薬」です。

 

でも「オリジナル治療薬で十分な治療効果が得られるのか?」という疑問が出ますよね?費用が安くても治療効果が低ければ意味がありませんからね。

 

結論から言えばオリジナル治療薬で十分な治療効果を得ることができます。オリジナル治療薬を受けた患者さんの多くが10〜12か月で満足できる効果を実感しています。

 

そこでオススメするのが「ヘアメディカル」です。

 

ヘアメディカルは18年の発毛治療の実績があり、600パターンものオリジナル治療薬があるので、あなたの症状に適した治療薬もあるでしょう。また大学とも提携しており、オリジナル治療薬も、日々進化しています。

 

発毛実感率も99%以上と、ほとんどの患者さんが「髪の毛が生えてきた」と感じています。治療費には上限が決まっているので、「いくらかかるのだろう?」という不安もなく、安心して治療を受けることができます。

 

まずは無料カウンセリングを受けてみましょう。

 

>>ヘアメディカルの公式サイトはこちら

 

 

短期間で発毛を実感したい方:他の治療方法の場合

育毛メソセラピーやHARG療法は6回の施術を受ける必要があります。つまり6か月の治療期間を要するわけです。

 

「どうしても半年で治療効果を得たい」という方以外は、オリジナル治療薬での治療をオススメします。費用が違い過ぎますからね。

 

育毛メソセラピーの場合でも6回で約50万円の費用がかかってしまいます。半年早く効果を実感できるとしても高いと感じるのでないでしょうか?HAR療法ならそれ以上です。

 

ただ、それでも「相談だけでもしてみたい」という方にはAGAスキンクリニックをおすすめします。

 

AGAスキンクリニックのDr’sメソ治療は高い発毛実感率を誇ります。またオリジナル治療薬のRebirth(リバース)も高い発毛効果を期待できるので、育毛メソセラピーかオリジナル治療薬かを選択することもできますしね。

 

  • 短期間で発毛を実感したい方
  • オリジナル治療薬か育毛メソセラピーか迷った方

 

はAGAスキンクリニックの無料カウンセリングを受けてみましょう。

 

>>AGAスキンクリニックの公式サイトはこちら

 

また自毛植毛は桁が違います。100万円近く必要となってしまいます。薄毛が進行しすぎて、ハゲている方以外はあまりオススメしません。また外科手術ですので身体への負担もあります。費用は気にしないという方であれば別ですが・・・。

薄毛治療の病院を発毛実績に基づいてランキング形式で紹介しています。

薄毛治療の病院ランキング