AGA 保険

AGA・薄毛の治療に保険は効くの? 

AGA治療には健康保険が適用されるのでしょうか?

 

AGA治療は、長期間かかるので保険が効くのかは気になりますよね。

 

残念ながらAGA治療は、健康保険の効かない「自由診療」となり、料金はクリニックによって異なります。保険が効かないので全て自己負担となります。

 

ただし、AGA治療にかかった費用は、自毛植毛など一部を除いては医療費控除の対象になります。AGA治療が一般的になり医療費控除の対象に含まれるようになりました。

 

医療費控除を使うことで所得税が安くなります。結果として地方税や健康保険料なども安くなるので節税効果は決して少なくありません。医旅費控除を使ってお得にAGA治療をしましょう。

 

医療費控除を使ってAGAの治療費を抑えよう

医療費控除の対象となるのは、1月1日から12月31日までに支払った治療費の内、10万円を超えた金額です。家族全員の治療費を合算できるので大きいですね。また通院のための交通費も医療費控除の対象になります。

 

医療費控除額=(1年間に支払った医療費の合計)−10万円

(例)家族全員の「医療費」と「交通費」の合計額が24万円の場合

 

医療費控除額は、「24万円ー10万円=14万円」の計算式で14万円となります。

 

ただし総所得が200万円未満の方は、医療費が「総所得額の5%」を超えた金額が控除対象となります。(例えば、総所得額が180万円の方は、180×5%=9万円となり9万円を超えた医療費が控除対象となります。)

 

総所得が200万円未満の方の医療費控除額
=(1年間に支払った医療費の合計)−(総所得額×5%)

(例)家族全員の「医療費」と「交通費」の合計額が24万円で、総所得が180万円の場合には、

 

24万円ー(180万円×5%)=24万円ー9万円
            =15万円
となり、15万円を所得から控除できます。

(*共働きの場合、夫、妻のどちらか一方の総所得です。世帯所得ではありません。)

 

所得税を基準に「地方税」や「健康保険料」などが決まるので節税効果は少なくありません。

 

確定申告書では、医療費を指定の明細書に記入して提出することになります。明細書は税務署で手に入れることができますし、国税庁のHPからダウンロードもできます。

 

また医療費の領収書は税務署から提出を求められることがあるので必ず保管しておきましょう。交通費など領収書がない場合には、ノートなどに「日付や料金」の他に「利用した駅名」も記録しておきましょう。

 

医療費控除の詳細は「AGAの治療費は医療費控除の対象になるの?【最新!国税庁の見解】」で説明しているので参考にして下さい。

健康保険が摘要されるケースもある

薄毛治療の中には健康保険が摘要されるケースもあります。

 

「円形脱毛症」や大量のフケが原因で起こる「ひこう性脱毛症」は皮膚疾患として保険が効くことがあります。

 

あなたの『薄毛の原因が皮膚疾患かな?』と思ったら皮膚科で診察を受けましょう。皮膚疾患が原因であると診断されると、スムーズに保険が適用になります。

 

健康保険が摘要されると医療費の自己負担額が3割程度になるので忘れずに健康保険証を持って行きましょうね。

民間の医療保険は降りるのか?

AGA治療は、ケガや病気などで入院や手術を行った時に保険金が給付される医療保険の対象になるのでしょうか?

 

AGA治療の中には、「育毛メソセラピー」や「HARG療法」など治療費が高額になるものがあります。「自毛植毛」手術は100万円を超えることもあります。

 

これが医療保険の対象になれば手術費用の足しになるので嬉しいですよね。

 

しかし、残念ながらAGA治療は医療保険の給付対象にはなりません。AGAは病気やケガではないと判断されているからです。また、自毛植毛の手術は美容整形手術であると判断されています。

まとめ

AGA治療は、健康保険の対象になりませんが、「円形脱毛症」や「ひこう性脱毛症」のように健康保険が適用される治療もあります。「薄毛の原因が皮膚疾患かな?」と思ったら皮膚科を受診するとスムーズに保険適用されます。

 

また自由診療となる場合が多いのが現実です。複数の病院でカウンセリングを受けて料金を比較してみることをおすすめします。経済的に無理をして途中で治療を中断してしまっては意味がありませんからね。

 

また民間の医療保険も給付の対象にはなりません。AGAは病気やケガではないので仕方がありませんね。

 

なにやらAGA治療における自己負担額が高くなるようなイメージになってしまいましたが、AGA治療にかかった費用は、一部を除いて医療費控除の対象になります。

 

あなたのAGA治療費だけなく、「家族全員の医療費」と「通院のために交通費」も医療費控除ができます。所得税を抑えることができるので、地方税や健康保険料などが安くなり節税効果も生まれます。

 

医療費控除を使って、お得に治療を始めましょうね。

 

また、カウンセリングでは、「おおよその治療期間と治療費の総額」を確認しましょうね。治療実績のあるクリニックであれば、おおよその目安はつきます。また、「どの程度まで回復するのか?」も聞いておくと安心です。

 

ここに納得できたら治療を始めましょう。医療費控除を使って節税もお忘れなく。

 

 

↓↓↓薄毛治療の病院選びに失敗したくないなら↓↓↓

>>薄毛治療のおすすめ病院<<