ミノキシジル 生え際

ミノキシジルは生え際に効くのか?

 

脱毛の進行具合は人それぞれ違いがありますが、男性の場合は頭頂部から進行していく人も多いですし、生え際の部分がどんどん後退していくタイプの人もあります。

 

 

いずれの場合もそのまま何も対応しなければさらに症状は進んでしまうこととなりますので、進行を抑えるためにはできるだけ早く対応することも大切です。

 

最近はAGA治療も積極的に行われており、治療でかなりの改善を得られる人も増えています。まだ脱毛も初期の段階であれば、薬の利用だけでも良い改善が期待できますので、まずはこうした治療から初めてみてはいかがでしょうか。

 

AGA治療で有名な薬のひとつにミノキシジルがあり、医療機関はもちろん、薬局でもこうした成分が配合された育毛剤が販売されています。なぜ、脱毛に効果的なのかも知っておきたいですが、もともとミノキシジルは高血圧の治療を目的に開発されており血管を拡張させる作用があります。

 

男性の薄毛の原因のひとつには頭皮の血行の悪さもあげられますが、ミノキシジルを利用することで、頭皮の血行も改善され髪に必要な栄養素も運ばれやすくなり、その結果髪の成長にも良い効果を期待することができます。

 

とはいえ、ミノキシジルは頭頂部の薄毛の改善に役立つものの、生え際にはあまり良い改善が得られないという意見もあります。まず、生え際部分は頭頂部に比べて、毛細血管が少ないこともあり、効果が確認しづらいということもあげられます。

 

そして、生え際部分の薄毛は男性ホルモンによる影響も大きいので、ただ血行を改善するだけでは良い結果が得られないということもあげられます。

 

薄毛の治療薬では強力な男性ホルモンであるDHTの発生を抑えるのに役立つプロペシアもありますので、効果が出にくいという場合はそうした薬も併用してみることがおすすめです。

 

結果が出ないからとすぐにあきらめてしまうのも良くありませんので、初期にはあまり良い改善が得られなくてもある程度の期間は根気よく治療を続けていきましょう。

 

そしてミノキシジルも頭皮に直接つける外用薬と、飲むことでよりしっかりと成分を摂り入れることができる内服タイプがあります。

 

外用薬の場合は皮膚からの吸収となりますので、有効成分が取り込みづらいという問題もありますが、内服タイプであればよりしっかりと成分を体内に取り込むことができますので、生え際部分など効果が出づらい部分にも良い改善が期待できます。

外用薬だけでは良い結果が得られない場合は医師と相談して、違う治療方法も検討してみてはいかがでしょうか。

 

>>薄毛治療の病院@失敗しない選び方

ミノキシジルの耐性は?飲み続けても効果あるの?

世の中には頭髪に関する悩みを抱えている人も多いものです。中でも薄毛に瀕している人は外見的にも大きく変容してしまうことから鏡に映った自分の姿を眼にするたびにストレスが増加してしまうケースも多々あるでしょう。

 

こういった症状を改善する上でも、まず必要なのは薄毛を発症した原因を特定すること。

 

多くの場合にはこの可能性として頭皮環境の不衛生化、ストレスや食生活や睡眠不足などの生活習慣の変化、さらにAGAと言った病気を引き金とする症状などが挙げられますが、そのいずれに対してもある程度の効果を与えるのを可能とするのがミノキシジルという薬剤です。

 

このミノキシジルを含む外用薬や内服薬を使用すると、頭皮に張り巡らされた毛細血管が一気に拡張され、血流の量が増大するのに伴って栄養分の供給量も増加します。うやって栄養不足に陥っていた頭髪もしっかりと栄養分を補給して細胞分裂を活発化させることによって成長サイクルが正常化されるのです。

 

ただし、このミノキシジルプロペシアなどの飲み薬と同様に、発毛効果が出るまでに数カ月に及ぶ使用を続けなければなりません。

 

そこで患者の中にはこの薬剤の耐性について不安に感じる人もいるかもしれません。これは同じ薬を利用したり、服用することによって徐々に体が慣れてしまい、期待したような効果が薄れてしまう状態のことを言います。果たしてミノキシジルの場合は耐性の問題に対してどのように受け止めればよいのでしょうか。

 

事実、今現在においてこのミノキシジルの耐性について正式に証明する研究結果はまだ認められていません。これはまだデータが出そろっていない状態とも受け止めることができ、専門的に見ても耐性があるかもしれないし、ないかもしれないという非常に曖昧のことしか言えないのが実情です。

 

しかしながら、だからと言って徐々に効き目が弱くなることを念頭に置いて使用し続けるとその心理的な作用によって本来の効果が薄められてしまうリスクも多々あります。

 

さらに使用し始めた直後には古い頭髪が新たな頭髪へと生え変わっていく過程として初期脱毛と呼ばれる症状が顕著となる場合も多く、こういった抜け毛を耐性によって影響を受けたものとして受け止める人も多いようですが、これは全くの別物ですので誤解がないようにしなければなりません。

 

かといって、勝手に医師から指示された分量を超えて使用したりなどすると、その方がよっぽど体に悪影響を及ぼすリスクが高まるので非常に危険です。まずは医師に相談した上で今後の方針について話し合うのが最適の選択肢と言えるはずです。

 

>>薄毛治療の病院@失敗しない選び方