プロペシア 効果 副作用 耐性

プロペシアの耐性は?飲み続けても効果ある?

プロペシアは日本でも正式に認可されている脱毛治療薬です。薄毛を促すホルモンを抑制する効果があるので脱毛の進行を抑制する働きがあります。

 

効果のある部分としては頭頂部に働きかけが多く、前髪などは効きが弱いという特徴があります。プロペシアはクリニックで処方されている商品ですので安心して使用できることが魅力です。性欲減退や勃起不全などの副作用がみられる場合もあるので服用の際には十分に注意がすることが必要です。

 

クリニックで処方される場合は診察代も別にかかってくるので料金が安くない場合があるので事前に確認しておくことも必要です。プロペシアにはジェネリック医薬品もありますので安価に同様の効果を期待することができます。特許が切れた製品を別メーカーが格安で作り直したものですので、全く同様の効果や副作用を受けることができます。

 

>>ジェネリック医薬品フィナステリドについて

 

あまりにも安すぎるものは信頼することができないので成分鑑定を受けている正式なショップで購入することがおすすめです。偽物を使用することで効果があらわれないかもしれないし、副作用が多くなったりする心配もあるので注意が必要です。

 

プロペシアを服用するにあたり耐性について心配する人もいますが、10年以上プロペシアを服用している人でも効果が落ちることはないという実績があります。医師がクリニックの患者を診察してでた結果ですので信頼性があります。また、耐性については医学的な根拠はなく、3から5年ほど使用して頭皮改善が落ち着いた状態を耐性と思っている患者がいます。

 

薬によってヘアサイクルの乱れを改善できても脱毛の根本的な原因が改善されないと効果が発揮されないのが現状です。頭皮の血流が悪い、成長因子の不足など様々な要因が考えられます。一人一人の脱毛の原因を精密検査によって調べて最適な治療を行うことが重要です。

 

>>血液検査と遺伝子検査について

 

自分で育毛剤や薬などを使用しても効果が出てこない人はクリニックへ相談することがおすすめです。飲む育毛剤といわれる薬や世界各国で使用されている育毛剤などを使用して自分にあった薬を見つけることが重要です。科学的に発毛が証明されているものも多くありますので間違った情報に騙されないで正規品を購入する必要があります。

 

>>クリックしてお薦めのAGAクリニックを見る

 

薄毛対策には正規品を利用し続けることによって効果を実感することができます。塗り薬を比較して周囲にばれにくいことも魅力の一つですので気軽に飲める薬で自分に合った薄毛対策を行うことが大切です。

プロペシアの飲み方が重要!<副作用が心配>

薄毛や抜け毛といった成人男性特有のAGAの問題は見た目にも大きく現れてくるため、個人によっては大きなコンプレックスとなってしまいます。

 

そして、そのコンプレックスのために恋愛が上手くいかなかったり、仕事上の不利益につながったりするため、是非とも改善したいものでもあります。そこで、現在ではその薄毛や抜け毛を改善するための効果的なお薬が開発されています。それがプロペシアというAGA治療薬です。

 

 

 AGA治療薬と聞くと、多くの場合、頭皮に直接塗布するようなものが思い浮かばれるかもしれませんが、プロペシア等の最新のAGA治療薬は錠剤であり、それを服用することで育毛を促進します。

 

 

従来の頭皮に直接塗布するタイプのものは、頭皮の皮脂が多かったり、体質的なものと関連して、薬剤が毛根に浸透せず、効果の個人差も大変大きなものでしたが、錠剤を服用するタイプのものだと、身体の内側から作用するため、ほとんど個人差もなく、薄毛や抜け毛で悩むほとんどの人に効果が認められるようになりました。

 

 

しかも、飲み方としても、錠剤を一日に一回服用する程度で済むので負担も少ないことが特徴です。そのため、現在ではこうした最新のAGA治療薬が人気を集めるようになっています。

 

 

 しかしながら、こうした優れたお薬ではありますが、副作用もあります。それが男性機能の低下です。これはプロペシアが男性ホルモンを抑制することで、薄毛や抜け毛を改善するという特徴を持つためです。そのため、これからパートナーとの子供を望む人にとっては服用を避けた方が良いと言えるでしょう。また、長く服用を続けると、無精子症になる場合もあります。

 

 

 こうした副作用が心配な人は、飲み方を変えることもおすすめです。例えば、服用回数を減らすとか、一回の服用量を半分の量に減らす等です。男性機能の低下が著しい場合には服用そのものを止めてみるのも良いでしょう。

 

大体、体内でお薬が分解され、排出されるには一か月程を要するため、服用を止めれば、一か月程で男性機能も回復していきます。そのため、一度、男性機能が低下したからといって、それ程心配する必要はなく、あまりにも気になる場合には思い切って服薬を中止してみることも一つの方法です。

 

 

 プロペシアの飲み方としては、他のお薬と同様、作用と副作用のバランスを見て、服薬の量を調整していくことが最良と言えるでしょう。そして、必要ならば、専門医に相談することも必要でしょう。

 

>>プロペシアの服用はAGAクリニックで相談してください