頭皮 赤い

頭皮が赤いとハゲるの?原因は何?

「頭皮が赤い」とハゲるのでしょうか? あなたが一番気になるポイントですよね。

 

結論を先に述べると「今すぐにハゲることはないが、将来的にはハゲる可能性は否定できない」ということになります。

 

そもそも「頭皮が赤い」とは、どのような状態になっているのでしょうか?

 

健康な頭皮というのは、青白い色をしています。「頭皮が赤い」というだけで正常な頭皮状態ではないということです。

 

原因を把握して、正しく対策をすれば改善するので安心してくださいね。

 

「頭皮が赤い」とは、どんな状態なの?

@紅斑(紅斑)

頭皮が赤くなるのは、頭皮の下を流れる毛細血管が太く拡張してしまうことで、頭皮の下が透けてしまい、血流が見えている状態。このような状態を紅斑(こうはん)と言います。

 

このような紅斑(紅斑)の状態は一時的に起こることが多く、何もしなくても自然と消えることが多いです。また、なかな消えない紅斑でも、指で頭皮マッサージをすることで消えることが多いですね

 

まれにアレルギーを引き起こすこともあるようですが、可能性としては低いです。

 

 

A頭皮の炎症

頭皮に炎症を起こしている場合にも頭皮が赤くなります。頭皮の炎症と言っても、いろいろな原因が考えられます。

 

シャンプー剤が合わない」「紫外線による悪影響」「過剰な皮脂の分泌で雑菌は繁殖している」などがあります。

 

シャンプー剤が合わない

毎日、使用しているシャンプー剤が合わないのは炎症を起こす充分な原因になります。シャンプー剤で頭皮の炎症を起こす大きな原因に、配合成分があります。

 

シャンプー剤の多くに使用されているものに「石油系成分」があります。「ラウリス硫酸ナトリウム」など「ラウリル硫酸〜」「ラウレス硫酸〜」{スルホン酸〜」「パレス〜」とあるのは、ほとんどが石油系成分です。

 

石油成分は、安価で洗浄力が強く「少量で泡が立ちやすい」ので、しっかりと洗えている感覚もあり、よく使われています。ただ、毎日使うには洗浄力が強すぎるのです。頭皮の皮脂を根こそぎ取ってしまうのです。

 

過剰な皮脂は抜け毛に繋がりますが、適度な量の皮脂は頭皮を守るためのバリアゾーンの役割をしています。また、頭皮には、癜風菌(でんぷうきん)という常駐菌がいるのですが、この菌は頭皮環境を整えてくれます。

 

石油系シャンプーは、頭皮のバリアを取ってしまいます。また、頭皮に必要な癜風菌(でんぷうきん)までも除去していまいます。これでは、頭皮を守るものが何もない状態です。

 

紫外線により炎症が起こる

夏の日など、紫外線に過度に当たってしまうと、頭皮の炎症に繋がってしまいます。紫外線を浴び続けると頭皮の老化が進行してしまい、頭皮トラブルも多くなってしまいます。

 

 

雑菌が繁殖している

頭皮には頭皮環境を整えてくれる善玉菌である癜風菌(でんぷうきん)が住んでいますが、同じくして皮脂をエサとしているマラセチアという菌も常駐しています。

 

これも過剰な皮脂をエサとしているので、通常は頭皮環境を整える役割を持っているのですが、皮脂が増えすぎるとマラセチア菌は消化しきれなくなり、消化を進めるために繁殖してマラセチアが異常繁殖してしまいます。

 

マラセチア菌が増えると、当然、代謝物(糞)が増えます。こうなると、頭皮環境を整えるのではなく頭皮に炎症を起こす側に回ってしまいます。過剰な皮脂は頭皮には天敵です。(適度な皮脂は頭皮を守る役割を持っていrます。)

 

このように過剰な皮脂による炎症を脂漏性皮膚炎と呼びます。

頭皮が赤くならないためにするべきこと

石油系シャンプーを使わない

洗浄力の強いシャンプーは頭皮に悪影響を及ぼします。シャンプーは毎日するのもですから、それほど強い洗浄力は必要ありません。

 

頭皮に優しいシャンプー剤を使いましょうね。オススメは弱酸性のアミノ酸系シャンプーです。頭皮に優しく、頭皮環境を整えてくれます。

 

食べ物に気をつける

過剰な皮脂が分泌される原因に「食べ物」があります。脂っこいもの、ラーメン、ファーストフードなどばかり食べていると過剰な皮脂が分泌されやすくなります。マラセチア菌の増殖を助けてしまいます。

 

また、ワックスなどの整髪料もしっかりとシャンプーして落としましょうね。これらもマラセチア菌のエサになってしまいます。

 

紫外線から頭皮を守る

強い紫外線を浴び続けると皮脂が角質化して頭皮環境が悪化する原因になります。特に夏は紫外線が強くなりま。帽子をかぶるなど、外出する時は注意しましょうね。

 

最近では、「男性用に日傘」もありますよね。帽子よりも日傘の方が紫外線を防げるので良いですよ。

 

<まとめ>
頭皮の炎症を抑えるにはシャンプーが基本です。

 

頭皮に優しいシャンプー剤を使用しましょう。また、頭皮を清潔に保つためにも毎日シャンプーすることが大切です。

 

その際に、洗浄力の強いシャンプー剤を使用すると、皮脂を取りすぎてしまいます。その結果、皮脂がより分泌されるようになってしまいます。

 

もともと皮脂は頭皮を守るために必要なものなので、皮脂を取りすぎると「皮脂が足りない」とかな違いして、より分泌されてしまいます。

 

悪循環ですね・・・。

頭皮が赤いなら皮膚科へ行くべき

頭皮が赤いことを放置しておくと、将来的に薄毛⇒ハゲへと進行してしまう可能性は否定できません。

 

一時的な紅斑であれば、自然と治ることが多いので問題は少ないのですが、頭皮が赤くなる原因には、頭皮の炎症や過剰な皮脂の分泌などがあります。

 

シャンプー剤を頭皮に優しい弱酸性のものに変えて、優しくマッサージをしながらシャンプーを行うように意識しても、頭皮の赤みが改善されなければ、専門医に見てもらうことも検討しましょう。

 

皮膚の炎症であれば、一刻も早く治療することが重要です。炎症の原因が常駐菌にあれば尚更早い治療が必要です。

 

放置しておいても改善する可能性は低くなります。

 

「多少、痒い」程度だからと、何も対策をとらないで放置しておくと、頭皮環境が悪化して薄毛へと進行してしまいます。

 

特に女性の薄毛は、頭皮環境の悪化が原因で進行することが多いので注意が必要です。

 

シャンプー剤を変えても、改善しない時には専門医に診てもらうことを考えましょう。

 

雑菌が原因の場合には、もはや市販のシャンプーだけでは改善できません。皮膚科で診察してもらいましょうね。

 

時間があれば、真っ先に専門医に診てもらうことをオススメします。頭皮が赤くなっている原因が、「常駐菌による炎症なのか?」「シャンプーが合わない」だけなのか、初めに知ることができれば、適切な対策が取れますからね。

 

頭皮が赤いだけと軽くみないで、早めの対策が、後々後悔しないために必要です。

 

 

↓↓↓薄毛治療の病院選びに失敗したくないなら↓↓↓

>>薄毛治療の病院ランキングはコチラ<<

 

関連ページ

AGAと筋トレの関係性@プロペシアは効くのか?筋肉は落ちるのか?
筋トレをするとAGAは進行するのでしょうか?またプロペシアで筋肉は落ちるのでしょうか?いろいろな噂があるようですが、正しい知識をもっておきましょうね。こちらのページでは、筋トレとAGAの関係性を説明しています。
ミノキシジルとプロペシアはどっちの効果が高いの?
ミノキシジルとプロぺシアの違いは何でしょうか?ミノキシジルとプロぺシアを併用すると効果が高いのでしょうか?どっちから使うべきでしょうか?「効果なし」とか言われていますが、本当のところ効果はあるのでしょうか?こちらのページでは、そんな疑問にお答えしています
分け目が薄い女性の対策!【頭皮が透けてきたら赤信号!】
分け目が薄いと悩んでいる女性が増えてきましたが、原因を知り、正しく対策すれば必ず改善します。こちらのページでは、その原因と対策の方法を紹介しています。
育毛メソセラピーって効果ある?効果ない?費用は高いの?
育毛メソセラピーは効果があるのでしょうか?女性にも効果があるのでしょうか?クリニックの選び方に副作用から費用まで育毛メソセラピーについて徹底解説しています。最後にお薦めのクリニックも紹介しているので参考にして下さい。
頭頂部ハゲの原因と対策【最適な治療はコレだった!】
頭頂部のハゲは、AGA(男性型脱毛症)に良く見られる現象です。AGAの原因であるDHTはプロペシアにより、その働きを阻害することができます。またハゲが進行している方は、ミノキシジルを併用することで改善することも可能です。では、それでも改善きない方はどうするべきか・・・?
抜け毛がひどい!ハゲるかも…【男性の原因と対策を徹底解説】
「抜け毛がひどい…、将来、ハゲるかも!?」と悩む男の人へ。その原因と正しい対策を紹介しています。「シャンプーが効くのか?」「育毛剤がいいのか?」「プロペシアがいいって聞いたけど本当?」など、男性の疑問にお答えします。
抜け毛が多いとハゲるの!?【原因と対策はコレ!】
抜け毛が多いとハゲるのか?抜け毛が多いという「基準」「時期」「男性の原因」「女性の原因」などを解説しています。正しく対策すれば薄毛の進行を食い止められます。
プロペシアの初期脱毛でスカスカになる!?
プロペシアの初期脱毛について説明しています。「いつから」抜け始め、「どのくらいの確率」で症状が出るのか、「回復はするのか?」また「初期脱毛で髪の毛がスカスカになることはありのか?」など、あなたの疑問にお答えています。
DHT(ジヒドロテストステロン)を抑制すればハゲない!
DHT(ジヒドロテストステロン)を抑制することでAGA(男性型脱毛症)を予防・改善できるのですが、どのような方法でDHTを抑制することができるのでしょうか?筋トレ、紅茶、イソフラボン、亜鉛に育毛剤やサプリなど、いろいろ言われていますが、こちらのページで最適な方法を紹介しています。
20代なのに抜け毛がひどい!【原因と対策はコレ!】
「抜け毛がひどい!」方の対処法は、まず原因を究明して正しく対策すれば抜け毛は止まります。また、抜け毛が激しくて薄毛へと進行してしまった方でも実績豊富なAGAクリニックで治療を受けることでスカスカの頭皮も改善することが出来ます。抜け毛がひどい方は必見です!
女性の抜け毛の原因は何?@急な抜け毛にビックリ!
急な抜け毛にビックリしたことはありませんか?女性の抜け毛の原因には、加齢により更年期に起こるホルモンバランスの乱れ、産後のびんまん性脱毛症もホルモンが関係しています。しかし病気ではないので、正しい対策をすれば大丈夫です。